Kenny

アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者のKennyのレビュー・感想・評価

3.8
アフリカ系アフリカ人として初めて『VOGUE』クリエイティブディレクターとなった人物のドキュメンタリー。

出自に関係無く、品格と知識と優しさで業界での確固たるポジションを築き上げた姿に感銘を受けた。ショーのフロントロウでの半端無い存在感。

他のユーザーの感想・評価

JIZE

JIZEの感想・評価

3.7
2022年に73歳でこの世を去ったファッション界のレジェンド"アンドレ・レオン・タリー"の生涯を基に人種差別が残るアメリカ南部で育ったアフリカ系アメリカ人の彼が白人が多数を占めていたファッション界でどのように成功を手にしていったのかを描き出す。"冒険する勇気を与えたブラックヒーロー"。人種間の葛藤や困難に阻まれながらも己のスタイルを追求するさまは、すばらしい。また世界のファッションにおける認識を誇りを持ち変えようとした姿勢も、一人の同じ人間として刺激をうける。アンドレ流の鋭い美学や流儀が炸裂していた。
BobsoN

BobsoNの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

基本的に抽象的で、感性に乏しい私にはよく分からなかった。
というのが正直な感想。

ただファッション業界が、人種差別とか環境汚染とかの社会問題を意識し始めたのはここ数年なのか、、とは感じた。
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
初日。Bunkamura ル・シネマ。
彼の存在はもちろん知ってるけど、どういう生い立ち・キャリアなのか知らなかったのでとても興味深かった。
ファッション系ドキュメンタリー映画数多見てるけど面白い部類に入ると思う。
(個人的no.1ファッションドキュメンタリー映画は「ビル・カニンガム&ニューヨーク」)
厳格な祖母に躾けられた生い立ちから彼自身も筋が通った人なので、そこも好感度高い。
ファッション業界って表面ばかり着飾って中身空っぽな人いっぱいいるからさぁw
芯がある人好き。
北村道子さんのトークショーが凄すぎて霞んでしまった。
前半ウトウトして再見したい。
仁

仁の感想・評価

3.3
見た目にインパクトがあるから認識はしていたけど、経歴については一切知らなかったので、それを知れてよかった。

日曜の黒人教会は皆がおめかししていくところ、と振り返るとシーンが印象的。
トランプ就任式でメラニアのファッションを褒めちぎるのも面白かった。あのルックは確かに素敵だった。

予想通りとはいえ、どこの世界も人種でしかギャンギャン吠えられないやつがいるもんだな。
ぬん

ぬんの感想・評価

3.9
確固たる審美眼、知識、言葉を持って真摯にスタイルの可能性を広げた存在の大きさは正しく、生き字引。
フロントロウやメットガラでの姿しか知らない部分も多かったから、彼の発言から生立ちや葛藤、ダイアナ・ヴリーランドとの絆などが知れて良かった。
ファッションと違いスタイルは不滅。
美は多種多様であらゆる物事に宿る。
ALICE

ALICEの感想・評価

3.9
ファッション好きなら知ってる人アンドレ
派手な風貌から知っていても彼がどんな人生を歩んできてどういう仕事をしてる人なのか知らない人は多いと思うのでそんな人にもぴったりなドキュメンタリー
南部出身の黒人で差別的な事を何度も体験してるのに差別だ!不平等だ!と主張せずに
やるべき事を淡々とこなし結果で認めさせるVougueを誇りにしてきた彼の美学、生き方がかっこよすぎる 
亡くなってしまったのが残念
Eggy

Eggyの感想・評価

4.0

生涯に渡って、ファッション業界に欠かせない存在であり続けたアンドレ・レオン・タリー、その存在は今もなお影響を与えつづけている。

アメリカ南部で幼少期を過ごし、雑誌VOGUEに感動した彼は、1983年よりVOGUEのニュースディレクターを担当。1988年にはアフリカ系アメリカ⼈として初めてクリエイティブ・ディレクターに昇格。"格好良い"とは何か、独⾃の美学を追究していた。。。

彼の基盤となった祖母の教え、それは習慣化された生き方であり、尊厳と価値基準。一流を目指すこと、厳格さ、自制心、維持整備“きれい好きは美徳”と、エレガントな教えだった。そんな基盤とともに生きていく中で培っていった彼独特のスタイル、薬物や性的なものを欲せず、音楽やダンスを求めていたところがとてもスマートだった、かっけえ。。。。

オシャレとかそんな枠にハマることがない格好良さ、、生き方やスタイルって言葉がぴったしだった。こういうことだよね結局。

『ファッションと違いスタイルは不滅、美は多種多様であらゆる物事に宿る。』

『ファッションは儚く、スタイルは永遠。』
緑

緑の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ファッションに関する
ドキュメンタリー映画何本かで
識者として見掛けていた、
存在感半端ない人のドキュメンタリー。

アメリカ南部の貧しい家で
祖父に育てられたアンドレが、
故郷を離れて都会で成功するまでの
苦労や才能の開花を当人や関係者が語る。

アメリカ大統領がオバマから
トランプに代わる時期の撮影で、
アンドレの政治的発言も多い。

「きれい好きは美徳」から始まり、
品やスタイル確立にまつわる金言多数。
大いに反省を促された。

野うさぎかわいい。
「アンドレ・レオン・タリー 美学の追求者」の感想・評価を全て見る

Kennyさんが書いた他の作品のレビュー

別れる決心(2022年製作の映画)

4.1

どんより低温な空気感の中で、プラトニックなのにじっとりした恋愛感情の交差が堪らなく官能的で胸が苦しくなった。現実と幻想、タイムラインが錯綜する映像のマジックによって、悩ましい恋愛に入り込んでしまった主>>続きを読む

マッシブ・タレント(2022年製作の映画)

3.8

ニコラス・ケイジが本人役を演じる映画。

ニコラス・ケイジの困り顔、ペドロ・パスカルとのおじさん同士のジャレ合いを観てるだけで幸せな気分に。小ネタの応酬に笑わされながらも、しっかりと映画に対する愛とリ
>>続きを読む

エンパイア・オブ・ライト(2022年製作の映画)

3.7

厳しい時代、古い映画館で適度な距離感で労わり合う仲間達の関係が好ましい。

映画や音楽、詩等の芸術が、辛い現実を生きる人々の光となり、人生を前に進めてくれるというメッセージは自分みたいな人間にはやはり
>>続きを読む

The Son/息子(2022年製作の映画)

4.0

心の闇を抱えた息子との距離を縮めようとする父親を描く。

「愛が全て」では見えなくなるリアル。スレ違い続ける親子の様子に息が詰まる。前作『ファーザー』における認知症に続き、心の病への理解が抜群に的確な
>>続きを読む

Winny(2023年製作の映画)

3.9

ファイル共有ソフト開発者が逮捕された事件の映画化。

主人公、金子勇氏のプログラミングへの没入や衝動が常軌を逸していて、その無垢さに心を打たれる。それだけに権力によって不当にその機会を奪う鈍感さ、愚か
>>続きを読む

フェイブルマンズ(2022年製作の映画)

4.0

若き日のスピルバーグ少年が、映画の魅力に取り憑かれ、映画に救われ、同時に映画の怖さも知る展開にゾクゾクした。時に目の前の実人生よりも優先して好きなことに没入する姿は、カルマを背負った人間のようでもある>>続きを読む

似ている作品