みんみん

岸辺露伴 ルーヴルへ行くのみんみんのネタバレレビュー・内容・結末

岸辺露伴 ルーヴルへ行く(2023年製作の映画)
4.5

このレビューはネタバレを含みます

映画の原作は未読ですが、ジョジョ4部は読みました。
ドラマも毎年楽しみに見ています。
良くも悪くもドラマの延長線なので、それ以上を期待すると期待はずれになるかもしれないです。今回はそんなにヘブンズ・ドアも使わないですし。
個人的にはドラマの雰囲気が好きなので満足できました。
冒頭の故物商からオークションへの流れ、そして今回の結末にまとまっていくのは本当にすごい。
ドラマもそうなんですが、小林脚本は話のまとめ方が本当に上手いですよね。

個人的に、過去の露伴が奈々瀬にヘブンズ・ドアを使おうとしてやめたところがゾクゾクしました。
長尾さんも声変わり終わったかどうかくらいの声質と体型で、かなりすんなり受け入れられたのもいいキャスティングだったなって思います。

原作の小ネタも多かったなって思います。モナ・リザに似てるの件もクスッとしたんですが、本物と並んでるカットがあるとは思わないじゃん。
そんなだから、いつか蜘蛛食べ始めるんじゃないかとハラハラしてました。
あと、泉くん本人だけが光属性なんじゃなくて家系も光属性なの強すぎる……。
なんなんだあの編集、無敵か?

他のユーザーの感想・評価

sakutaro

sakutaroの感想・評価

4.0
良くも悪くもドラマと同じだなーという感想。まぁドラマがそもそもクオリティが高すぎるというのは勿論あるが。
映画館でこの2人を観られるなんて嬉しい

ワクワクしながら観に行ったけど、やはり面白かった

穏やかで優しくて、美しくて儚くて切ない


高橋一生の露伴先生いいなあ
まだまだシリーズ化して欲しいね

帰ったら早速原作を読み返そうじゃあないか
あかね

あかねの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

先行上映会で!

ジョジョにも岸辺露伴先生にも無縁な人間なので気になる方は読まないでください笑


岸辺露伴のドラマシリーズはそれが岸辺露伴って知らずに見てたみたいで、映画がやるってなって見返したら知ってる話があってびっくりした…どれも腑に落ちない?というか不思議な独特な雰囲気で、今までにない面白さがあるな〜っていう印象でした

映画はその岸辺露伴の世界がぎゅぎゅっと詰まった2時間だったけど、緩急があんまりなくて途中退屈だった、、ドラマのが面白い!って感情で最後まで見られたのにな、

黒い絵?なんやそれ、みたいな感じだったけど、話が進むに連れて自分なりに解釈できて、なんとなーくわかったような、不思議な感覚で見終われた。
"後悔"っていう概念的なものを綺麗に映像で表現してて、しかもスッと入ってくるのがすごいなあって思った。

長尾露伴の演技も高橋露伴とは違って青年期!ピュア!って感じがよかった。
これから何回も見て考察重ねたいと思います!

素敵な作品に出会えてよかった!長尾くんありがとう💖
倉木

倉木の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

回想パートでちょっと眠くなってしまった
黒い絵が見えるシーンでちゃんと不気味に感じられたのは良かったな
z13倉庫に向かう流れは長回しカットもあってワクワクした
怪奇ミステリとして結構楽しめた
言葉に直したいポイントがたくさんあるから、落ち着いたら感想書くぞ。
取り急ぎ、スクリーンで観る/聴く高橋一生の岸辺露伴とルーブル美術館と街並み、菊地成孔の劇伴は至高でした。
ペニー

ペニーの感想・評価

3.6
ジョジョは一応読んでて、岸辺露伴の原作は未読、アニメはちょろっと、ドラマは全部見てる状態にて鑑賞。
ドラマの世界観そのまんまで、ドラマが好きだったわたしとしては大満足❤️
高橋一生がすきだったので、岸辺露伴決まった時も嫌とかではなかったけど、岸辺露伴=高橋一生になる日が来るとは夢にも思わなかったな。
ルーヴルと岸辺露伴の映えること映えること。
たっぷり堪能できてよかった😊
yamaki

yamakiの感想・評価

4.0
ドラマ版好きな人は納得。
エンディングの音楽、映画館の音響で聴くと心地良さ倍増。

岸辺露伴は裏切らない。
ドラマと比べて大人しい露伴先生。
たまに(?)良い事言う泉くんが
良い事しか言わない。
パリの街並みとルーヴル美術館が何より
映画映えする。
この世で最も黒くて邪悪な絵が、ルーブル美術館に眠っているという。昔、ある女性からそう聞かされた漫画家、岸辺露伴はルーブルに取材に行くことに。
実写岸辺露伴シリーズ、ここまでやってきたか。原作よりも深く描かれる幻想的でホラーチックな物語。
ナナセ、トンデモメンヘラ女かよ!?って思ったけど、物語が進むにつれて、ああ、そういうことね〜と納得いくのが面白かったです

蜘蛛がたくさん出てきたので露伴先生が「味も見ておこう」とか言って蜘蛛食べださないかなって期待しましたが食べませんでした

やっぱ岸辺露伴シリーズ通しての最強キャラは泉くんで決まりですね

ノールックヘブンズドアがばかくそカッコよかったです

青年期の回想シーンがなんだかすっきりしませんでしたが、作中通してあの独特な不気味な感じ、不穏な感じが滲み出ていて良かったです
「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の感想・評価を全て見る

みんみんさんが書いた他の作品のレビュー

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス PROVIDENCE(2023年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

前作の映画を見忘れてたので、前日にそれを見てから行ったんですが、結果的に話の解像度が上がったので良かったです。

でもそのせいで、狡噛と同じような道を辿ることになってしまった朱のことをどう噛み砕いたら
>>続きを読む

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り(2023年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

笑いあり涙ありバトルありの正統派のファンタジー映画で最高に面白かったです!
TRPGはたまにやったりするんですが、ゲームの流れが綺麗に組まれてたり、ダイスロールの出目を感じるシーンがいくつもあってニコ
>>続きを読む

映画刀剣乱舞-黎明-(2023年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ゲーム未プレイ、前作の継承は視聴済みです。

前作は話もすんなり入りつつ引っ掛かりもそこまでなかったのですが、今作は気になる部分が所々にあり、そこまで話に集中できなかった感じがありました。
序盤に頼光
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

久々に映画を見て泣きました。
宮城で環さんが心情ぶちまけた辺りからずっと涙をこらえてたんですが、草太の心情描写でもうダメだった……。

何の解説もなく冒頭からどんどん話が進んでいくので置いてかれるかも
>>続きを読む

四畳半タイムマシンブルース(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

放送当時もリアタイしてました。
冒頭の私の高速ナレーションでもう満足度がすごい。

内容もクスッとするところもありつつ、ちゃんと伏線が回収されていくのが良かったです。
テレビ放送も全員好き勝手やりつつ
>>続きを読む