nao

風の谷のナウシカのnaoのレビュー・感想・評価

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)
4.5
映画館で聴く音 が好きだ。
役者のセリフが 全身に響いてくる感じだとか、音響も音楽も テレビ画面 (うちの場合) やタブレットで鑑賞するのとは全然、違う。
って なにを今さら?
だけど。。

んで、映画館で初鑑賞!
よかったなー、やっぱし♪

この作品のレビューってのも なにを今さら!なんだけど、
自分のなかでは ジブリといえば!みたいな もう王道中の王道だと思っていて
宮崎駿にしても 高畑勲にしても ジブリ作品にしても、詳しくないんだけど、やっぱり宮崎駿っていうと これだったり、‘天空の城ラピュタ‘だったり、あとは‘未来少年コナン‘だったりが好きだし、強く印象に残ってる。
大人になる前には、バカでっかい飛行艇が パッと見 ボロく感じたりしちゃったけど、考えてみれば あれだけの大きさのものが優雅に飛んでるのがすごい技術な訳で、そんなすごい未来の話、
物語の設定は 文明が滅びたずっとあとの未来。
という事で (未来を生きにくいものにさせた原因である)現代や これからの時代への問題をかかげつつ、(は、本当に大人?向け)滅びた未来のなかに そのまた未来をほんのりと明るく照らすようなとこが 好きだ。

音楽がほんとに素晴らしかったな。(久石譲 やっぱりすごい♪)
ナウシカ自身も映画館で見られて よかった。
マスクを外してグッてするとこ、可愛かったー。それだけじゃなくって、姫さまとしての風格もあって 凛として かっこよかった。
メーヴェで飛ぶとこ、強いとこも それゆえの優しさもよかった。
(パンツはいてないとこも やっぱり気になってしまった)

自分のなかのイメージとしては、‘もののけ姫‘ くらいからあとのジブリ作品は もう国民総出で観るもの!になってしまった。という気がしていて、(もちろん自分もそのなかの一人です) 新しい作品を創る過程で色んな思いやアイディアがあるんだろうけど、単純にいえば、ほんとに様々なキャラを盛り込んだり、(シーン自体?)尺が長くなって、初期の頃のよさが失われたのでは?
とちょっと思ってたりしてて(だけど、国民総出で観ようってなって?からも もちろんおもしろいし、キャラや尺の話も 一概には いえない)
だから ホント好きなんだ、‘ナウシカ‘は。(そのなかではこの作品は長いけども)考えてみれば、オウムや巨神兵、虫たちも色々で キャラとしては様々だけど、もちろんそれは物語の邪魔にならず 多すぎることはない。
あとは、主人公の顔は この頃の美少女な感じが やっぱりすきだな。。
そして これは今でもずっと続いてることだけど、ネーミングセンスもまた素晴らしい! ‘ナウシカ‘なんて…

とにかく
劇場で鑑賞できてすごくよかった、
また機会があるといいなと思う。