風の谷のナウシカの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

風の谷のナウシカ1984年製作の映画)

NAUSICAA OF THE VALLEY OF WIND

上映日:1984年03月11日

製作国:

上映時間:116分

「風の谷のナウシカ」に投稿された感想・評価

あいり

あいりの感想・評価

4.5
映画館で視聴しましたが、地上波で何度も見た時には感じ取れなかった映画の素晴らしさがありました
ジブリ4作品公開の中で一番感動しました
真美

真美の感想・評価

4.3
他のジブリにも言えることかもしれませんが、子供の頃にみて大人になってからも見たら見方変わって視野も広がって大変見応えがあると思います。
私は小さい頃、正直ナウシカを見ても訳がわからず、あまりこのんで見てはいませんでしたが、先日地上波で久しぶりに見たら小さい頃より内容が理解できてとても感動しました。
戦争にはそれぞれに正義があると思わされる。
rn

rnの感想・評価

4.3
録画してあったのをやっと。小さい時になんとなくあのオウムの見た目が苦手で見ないまま今まで来てしまったけど、見れてよかった。音楽も世界観もすごかった、、。
初めてちゃんと観た。
命あるものはみんな心があって、その心に寄り添う気持ちがあれば分かり合えるのだと思う。
世界が汚れていく描写も、マスクをしないと肺がダメになるという設定も、今の現実とリンクする。
もっとずっと前から地球は汚れて壊れていたのに、どこか他人事で今やっと気付いた人は私も含めて大勢いるよね。。。
shitara

shitaraの感想・評価

3.3
難しかった、、、

このレビューはネタバレを含みます

ばるす
腐海の存在理由だけで泣ける
いてつ

いてつの感想・評価

3.8
多分3回目くらいの鑑賞。
歳を重ねるごとに、味わいが変わるなあ〜ジブリ作品は。ていうかこれ小さい子どもがみたらまじでトラウマものやな。笑

宮崎アニメの独特のアニミズムが今の自分の気持ちに合っていて、場面の1つ1つが自分の隅々まで染み渡るようでした。人類の身勝手な行動が自然からの手痛いしっぺ返しを招く…というストーリーは昔から知っていて、自然との共生なんて綺麗事ばかり並べて…とずっと敬遠していたのだけれど。

閑話休題ですが、職業柄、日本の様々な製造業の新規開発をやっている人たちと関わった時期がありました。
SDGsは最近とにかく流行る。(投資家から金を集めるためには、それらしいことをやっていますと言わないといけない)
CO2を大気中から回収し別の物質に変える技術、土に還るプラスチック素材…どれもいかにも地球に優しく環境に寄り添っている…ように見える。

しかしそれらは所詮、自然環境への手当という意味ではごく限定的なものでしかなく、むしろどちらかというとまだそれで金儲けをしようとしていて、自分たちの技術力をもってして(しっぺ返しを食わないよう)自然を意のままにしようという態度の延長のように思える。

じゃあ石器時代に戻りますか?みたいな突っ込みはやめて下さい。笑
本当に、こんなところまで人類は来てしまったなあ…と、果てしもないことに想いを馳せてしまいました。

宮崎駿さん…日本の宝ですな。。
>|