Catman

さよなら。いつかわかることのCatmanのレビュー・感想・評価

4.0
切ない。泣ける。このところ立て続けに見た「実話を基にした感動の名作」が自分に響かないのは、少なからずそこに欺瞞や偽善を感じてしまうからです。それは私の天邪鬼的メンタリティや偏見に依る部分が主な原因だと思うのですが…
この映画(フィクション)にあるのは淡々と流れる時間とそこで起こる事象と主人公の心理描写だけ。戦争の虚しさをそっと訴えてはいますが、感動的なスピーチも無いし、人生における教訓が示唆されるわけでもない。シンプルだから心に響きます。
イーストウッドによるテーマ音楽は、素朴な旋律が美しい静かなピアノ曲。この映画の作風そのもの、じんわりと染み入ります。
マリサ・トメイが好き!