抱擁のかけらの作品情報・感想・評価

「抱擁のかけら」に投稿された感想・評価

アルモドバル映画でのペネロペはいつも素敵。
ペドロ・アルモドバル監督によってペネロペ・クルスの魅力が爆発するシリーズの何作目か。笑
ハリウッド映画に出てる時のペネロペがこんなに美しく見えたことはないのに、どこを切り取っても艶と美が止まらなくて、やーもうお腹いっぱい。笑
トップシーンで「一体何があったのか」気にさせておいて、最後にタイトルの意味がわかるという構成が秀逸。
原題の要素をうまいこと汲み取った邦題も良い。
運命の恋たる緊張感が凄かった。
chikichiki

chikichikiの感想・評価

3.7
ペドロ・アルモドバル監督と女優ペネロペ・クルスの黄金タッグ!!

愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描いたお話し。

序盤に提示される様々な疑問符を紐解いていく過程の自由さとユーモラスな展開。
独特の色彩で彩られた魅力的な画面内で踊るエキセントリックな登場人物の倒錯したセクシュアリティ。

そんな嫉妬や裏切り、執着と暴力が渦巻くそれぞれの愛憎劇が絡み合う事で生じた、愛による破壊と再生の物語を映画の撮影現場という、映画製作の舞台裏を基軸に展開させるプロットにはペドロ・アルモドバル監督の変態的な映画愛を感じる。笑

そして何と言っても、ペネロペ・クルス演じるヒロインのレナがとっても魅力的で美しい。
コーディネートが変わる毎に変化する表情によって、かつての名女優たちのを思い起こさせるような七変化っぷりも最高でした!!

また『Los abrazos rotos(壊れた抱擁)』という原題やラストシーンから、主人公の今後の希望的観測を引き出すような『抱擁のかけら』という邦題も秀逸。

おそらく、好き嫌いの分かれる癖の強い作かとは思いますが、興味のある方はぜひっ!!
ゆかこ

ゆかこの感想・評価

3.0
※ciatrから移行
ちゃあ

ちゃあの感想・評価

3.5
ペネロペ、絵に描いたようなお顔でレトロな服といい髪型といいピッタンコで可愛い…

どの役にも感情移入できなくないか…?
みんなの心情わかるようでよくわかんない、、

あと最初ちゃんと観てなかったせいで、マテオとジュディットをずっと夫婦(兼作家助手)だと思って見てたから、レナと密会してるの知りながらジュディットはどういう神経してるんだ!って早い段階で思って見てた笑

レナとの突然の別れのシーンは想像してなかった感じだった…
lion

lionの感想・評価

3.4
ただただペネロペが綺麗。
こもり

こもりの感想・評価

3.0
盲目の映画監督とヤンデレ実業家と美女(ペネロペ・クルス)の三角関係がどうのこうのって話🇪🇸
話はのっぺりしててつまらないけどヴィヴィッドな原色とくすみ色を組み合わせた色遣いやモダンなファッション・インテリアが果てしなくお洒落可愛い◎
ジントニック🍸 ファラマ海岸(黒い砂浜!美!)🌋🏝 ガスパチョ美味しそう
>|