ユキユキ

ユキユキの感想・レビュー

乱れる(1964年製作の映画)
4.1
祖母が「加山雄三を超える日本男児はいない」と豪語していたのですが、やっと理解できました…屁理屈を言う姿がかわいいなぁ…
一線を超えるか超えないかのもどかしさが、店の造りから照明の使い方まで全てから伝わる。そして2人が揃うと一気に家が家じゃなくなる緊迫感があってすごい。全てが計算されていて感激でした。
殻を破り切れない姉さんの姿が、この時代の女性の生き方でもあったわけですね。深い。