「乱れる」に投稿された感想・レビュー

ユキユキ
ユキユキの感想・レビュー
2017/03/02
4.1
祖母が「加山雄三を超える日本男児はいない」と豪語していたのですが、やっと理解できました…屁理屈を言う姿がかわいいなぁ…
一線を超えるか超えないかのもどかしさが、店の造りから照明の使い方まで全てから伝わる。そして2人が揃うと一気に家が家じゃなくなる緊迫感があってすごい。全てが計算されていて感激でした。
殻を破り切れない姉さんの姿が、この時代の女性の生き方でもあったわけですね。深い。
映画男
映画男の感想・レビュー
5日
4.0
すばらしい。
丁寧に確実に人間を描いている。この人たち芝居が良すぎる。小津のにおいもした。

是枝監督は成瀬作品に影響受けてるんやなと思った。
mash1966
mash1966の感想・レビュー
6日
4.5
録画していたものを見直し。
名画。
HayatoIshikawa
HayatoIshikawaの感想・レビュー
2017/05/13
5.0
完璧。
高峰秀子の味わい深い表情と、加山雄三との空気感。
最高でした
広島カップ
広島カップの感想・レビュー
2017/04/11
3.9
酒屋の長男坊の元に嫁いで直ぐに夫を戦争で亡くし、一人で酒屋を支えた真面目で働き者の嫁(高峰秀子)。
平穏に暮らしていた彼女だが義理の弟(加山雄三)に愛を告白されたことを境に転落人生に堕ちていく……

こんな風に書いてしまうと、
“真昼の未亡人、背徳の逃避行-乱れる-“
みたいなズブドロ愛欲劇か?と誤解されてしまうかも知れません。
“大石先生“にそんなことを期待してしまう御仁には申し訳ありませんが、まさかまさかそんなことはありません。

真面目に築いてきた自分の人生と、男に愛されることによる歓びを自分の中でどう折り合いをつけるのかで苦悶する女。

義理の弟との間にはからずも芽生えてしまった、愛する人にキスすらも自らに許さぬ身を焦がすような愛。
高峰秀子の渾身の演技が胸に迫ります。
KenichiMatsuura
KenichiMatsuuraの感想・レビュー
2017/04/02
4.5
成瀬巳喜男監督作品。
高峰秀子でなければ、成り立たない作品。
昭和30年代後半、スーパーマーケットの登場で圧迫されていく小売業等の時代背景もキッチリと作品に織り込み、自分の都合だけで生きる登場人物と時代の流れとは無関係に生きる登場人物を交錯させる成瀬節がこの作品でも綺麗に決まっている。
ラスト、高峰秀子が銀山温泉を疾走するシーンは日本映画屈指の名場面。
56
56の感想・レビュー
2017/03/28
4.2
うぉぉここで終わるのか…
ラストの高峰秀子の表情が。怒りでも悲しみでも後悔でも諦めでもない、あの表情!鳥肌たった!

戦死した夫の年の離れた弟からの、ある告白を境に、平凡で穏やかな日常が、封じ込めたはずの女の情念が、乱れる…。
そして終盤、それまでの日常から遠ざかるにつれ、だんだん座席と心の距離が近づく、列車に乗ってからのシークエンスは、もう完璧。

迷い揺れる主人公の繊細な心の襞を、わずかな台詞やちょっとした仕草・表情で、丁寧に描いていく。
複雑な話でもなく登場人物も多くない、でもそのぶん描かれる感情がとても濃密で。こちらの心も、ガシッと掴まれ引き込まれてしまった。
汚れた乳
汚れた乳の感想・レビュー
2017/03/23
4.3
凄い…。
ここで終わるかねしかし。完璧すぎて鳥肌たった。
とりわけ列車のくだりからラストまでの描写の素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。
ものすごく胸をしめつけられてからの、冷水を浴びせられたような突き放し。絶対零度の美しさ。
小林
小林の感想・レビュー
2017/03/16
4.1
間違いない傑作だった
戦後をたくましく生きた女性の作品、やっぱりありましたね
前半の、愛情表現が不器用な加山雄三と、後半の、女を見せはじめる高峰秀子に泣かされる
素晴らしい脚本なのに、音楽で煽りすぎ
音楽一切いらないくらい、人間ドラマが濃い濃い
tomichun
tomichunの感想・レビュー
2017/03/12
-
高峰秀子のラストカットの表情が印象的でした。列車に乗ってるシーンが好き。
>|