スワヒリ亭こゆう

ボーン・スプレマシーのスワヒリ亭こゆうのレビュー・感想・評価

ボーン・スプレマシー(2004年製作の映画)
3.3
シリーズ2作目にあたる本作ですが、1作目の『ボーン・アイデンティティ』の面白さを持続するのに苦労してるなぁと思いました。
このシリーズって、記憶喪失の元諜報員が主人公ですよね。
で、ストーリーを進めるに辺って、ボーンの記憶を少しだけ戻していくんですが、そのさじ加減が難しいんですよね。
記憶を戻しすぎるとボーンの記憶喪失キャラが破綻するし、記憶を戻さないとストーリーが進めにくくなる。
1作目が面白かっただけに2作目が難しくなる【続編あるある】ですよね。


いきなりヒロインの死から始まるストーリーを、単純な復讐劇にしなかったのは僕としては微妙でしたね。
復讐するかと思いきや、ボーン自身の蘇った記憶に落とし前をつけるストーリーにシフトチェンジしていったのはチョット残念です。


良かった点はカーチェイスシーンですね。
僕はあまりカーチェイスシーンは好きではないのですが、ここまでクラッシュしながらのカーチェイスは珍しいし、新鮮でした。


ここまであまり褒めてませんが、本作の素晴らしいのはラストシーンでしょう。
オォッ!ってなるくらいカッコ良いですから^o^