Aimi

ステイのAimiのレビュー・感想・評価

ステイ(2005年製作の映画)
4.5
大好き。
こういう、観ながら脳フル回転させられたり、観たあとまたすぐに見返したくなる作品。

現実と非現実の境がなくなり綯い交ぜになった世界観を見せる演出が本当に素晴らしくて、観ていて私自身もその奇妙な世界の只中にいるような錯覚を起こさせる感覚は、画面に五感の全てを釘付けにさせる麻薬のような魅力を持っている。
さらには展開のオチが読めなくて、どうなっているのかと心も脳もいつの間にか虜になっている。
そしてラストシーンを観た時に「ああ、そういうことかあ」と素直に、ストンと腑に落ちる感覚が持てるという、ここまで含めてとても良い意味で奇妙な作品。
様々なミスリードや伏線がそのラストシーンにきれいに集約されていて、それはその展開の妙やライアン・ゴスリングの哀しさに溢れる表情の理由すらも集約されており、腑に落ちる感覚を得るとともにあの瀬戸際の彼の想いが心に流れ込んできて心臓がキュッと締め付けられるような感覚も同時に得る、そんな終わりを迎えます。

自分がこの100分間、どこにいたのか。
それを考えただけでもう言葉が出なくなってくるんだけれど、
干渉し合ってなかったはずのもの達がデジャブを起こしたあの瞬間は、暗闇の中の一筋の光のように暖かかったです。