ちはな

ラブ&ポップのちはなのレビュー・感想・評価

ラブ&ポップ(1998年製作の映画)
4.4
庵野秀明の実写初監督作
エンドロールにもご丁寧に
監督 庵野秀明 の後に(新人)って書いてあった(^-^)

私は『エヴァンゲリオン』も『シン・ゴジラ』も観ていない
庵野さんといえば『風立ちぬ』で素人丸出しのアフレコしか思い浮かばない

女子高生のリアル
危うい行動だったり価値観が生々しいです
未来なんて不確かなものはどうでもいいってくらい 『今』しかない

彼女達なりに考えてるけど 大人から見ると何も分かってない
でも 彼女達が言ってることも間違いじゃない
世の中矛盾で成り立ってるってことか?

当時としては斬新だったであろうカメラワークも功を奏して 作品の世界観を作りあげてる

出てくる男性達が もう怪し過ぎる曲者ばかりなんだけど ああいう人達って実際存在すると思う
自分の常識が他人の常識とは限らないからね

普段はあまり好きでない浅野忠信が良すぎて泣けた
まだ あどけなさの残る仲間由紀恵がかわいいです