東京キネマ

バタフライ・エフェクト2の東京キネマのレビュー・感想・評価

バタフライ・エフェクト2(2006年製作の映画)
3.0
スタッフからキャストから総取っ替えですか。おまけに監督はカメラマン。なんか色々と香ばしいことがあったんだろうなあ、と想像できます。 勿体ないね、いい企画なのに。

※以下、ネタバレを含みます。









相変わらず掴みはオーケー。 当然こういう展開から始まるだろうっていうのが解っていながら、トップ・クレジットまでの導入部はうまいねえ、さすがです。 スタッフを変えてもこれだけ作れるのが矢張りハリウッドの底力。

でも大分オリジナル版からはパワーダウンしちゃってるね。 恐らくブラックアウトからスイッチするまでのセオリーが出来上がっちゃって、パターンが読めちゃうってことなんだろうなあ。 写真で簡単にスイッチできるってのも前作はそうカッチリ決め事にはしていなかったし、スイッチするのも “愛情” が理由付けだったのに、今回は “憎しみ” になっちゃってるし。 “念じれば叶う” をやるのに、憎しみはいかんですよ、藁人形じゃあるまいし。

それとエンディングに近くなってから遺伝だってことでオヤジとの関係を匂わせたり、子供の顔でラストにするってのも、次回作も作るでえ、ってやる気まんまんなのも興醒めですね。 やっぱり“2”であっても完結してくれないと。



色々工夫して作っているのは解るけど、直線的なタイムスリップは面白くないし、前作はどこに行っちゃうか解らないってのが面白さのキモだった訳で、そこだけは残して欲しかったんだけどなあ~