インビクタス/負けざる者たちの作品情報・感想・評価

「インビクタス/負けざる者たち」に投稿された感想・評価

せな

せなの感想・評価

3.9
ネルソンマンデラは偉大。
evane

evaneの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的には少し話を綺麗にしすぎな印象
既視感があった
KMD

KMDの感想・評価

3.9
マンデラが逝った2013年12月5日、そのとき南アにいたことを思い出した。信念を持つ者、他者に寛容である者が必ず勝てる訳ではないが、決して負けることはない。そういう人間が計り知れないムーブメントを起こす物語。
もんた

もんたの感想・評価

3.7
モーガン・フリーマン×ネルソン・マンデラの圧倒的説得力。
SPの皆さんに燃えます、萌えます。
アパルトヘイトの象徴だったラグビーが冬をぶん殴って南アに春を連れてきた。フランソワ(マット・デイモン)は「考えていたんだ、30年も狭い監獄に入れられ、それでも人を赦せる心を」とマンデラ(モーガン・フリーマン)を想う。「過去は過去。我々は未来を目指す」とはマンデラの言葉。〈赦せる心〉の秘訣はここにあった。

ネルソンマンデラ大統領
本当に偉大な人だなぁ。。
器大きさ神様級!

国の中でひどい差別や
偏見を受けてた黒人が
自分達が政権を取ったら
今度は白人を差別したら
同じことの繰り返しか、
許すことが最大の武器!
普通言えないことだからこそ、
グッときました!


そんな大統領が、スポーツ
ラグビーを通して
国のアピールをして
成長していく物語!

敵対してた人達が、
1つになって実力以上の
力を出すっていう
王道ストーリーではあるけど、
、、よかったなあ🙆‍♀️
Ta98

Ta98の感想・評価

4.1
【共生】

南アフリカ共和国のネルソンマンデラ大統領がラグビーを通じて、国を変えようとする物語。

27年間もの投獄生活を経て大統領になるのだが、国を変えようと尽力する。反アパルトヘイト運動により逮捕されたのだが、彼は復讐を行うのでは無く、彼は人を赦し南アフリカ共和国全国民の共生を目標とする。そしてラグビーというスポーツを通じて言語や肌の色を無関係に人々が融和されていく描写には感動する。
個人的には最後のモーガンフリーマンとマット・デイモンの握手と白人警察官と黒人の少年がラジオで試合観戦するのに胸が熱くなった。
インビクタスという言葉は良い言葉だなと勉強にもなった。何より無知な僕は今日までネルソンマンデラを知らずに生きてきたので、この映画を通じてネルソンマンデラに出会えて本当に良かった。
イーストウッドらしいシンプルかつ実直な語り口。見方によっては物足りなく感じる部分もあるけど、その辺はRHYMESTER宇多丸さんの批評を聴くと良く理解できる。

2018-167
>|