きしだギレンホール

呪怨のきしだギレンホールのレビュー・感想・評価

呪怨(2002年製作の映画)
3.0
訪問ヘルパーのボランティアを頼まれた理佳は徳永家を訪れるが、そこはゴミがそこら中に散らばり、荒れに荒れていた。そんな家で彼女は少年を見かけるのだが…。

ほとんど下調べをしなかったため、本作以前にOVが二本も制作されていたことを今さっき知りました。だからと言って本作が楽しめないワケではないと思います。怖い部分は怖かったです。

ただ、本作は少し怨霊を見せすぎでした。今だからこそ、な部分もあるのでしょうが、伽倻子の表情が少し面白く映ってしまいました。

どうでもいいんですが、伊東美咲とか、修学旅行の写真を買う描写とか、なんだかとても懐かしかったです。特に後者は今もあのシステムなんでしょうか。気になります笑