きぬきぬ

プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角のきぬきぬのレビュー・感想・評価

3.6
ジョン・ヒュ-ズ脚本で監督してないが、ジョン・ヒュ-ズのティスト、80年代の音楽や青春がいっぱい詰まっているのだよな。お話的には、エリート校に通う父子家庭(父ちゃん役ハリ-・ディ-ン・スタントンも良い感じ♪)の女の子が、 裕福な家庭のぼんぼんと、金持ちの嫌がらせや格差の違いを乗り越え恋するシンプルさなんだが、思春期の青さと若さが生き生きしてて良い!
本当にひさしぶりにWOWOWで再見して、お金が無いから古着を個性や感性で工夫してるヒロインや友だちの男の子のファッションは、今観ても素敵にお洒落で古びない。かえって流行の服装の富裕層の子達はダサく見えるのな(笑)
モリ-・リングウォルドやジョン・クライヤ-可愛いし、せつないし。
金持ちの嫌味なハンサム役でジェイムス・スペイダ-(ああ、若い頃ほんとにハンサムだ)も出てるよ-