恋恋風塵(れんれんふうじん)の作品情報・感想・評価

「恋恋風塵(れんれんふうじん)」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
ジャケから受けるイメージとは真逆であろう牯嶺街を彷彿とさせるダウナーなsweet sixteenな純愛「憂鬱な楽園」のホウ・シャオシェン監督作。日本だとsweetなbluesは19が相場ですが、海外では甘くいられるのは16までが法律なのですね。

しかし、台湾ニューシネマと呼ばれる80年代の台湾映画は不親切なのは間違いなく、ハリウッド映画の冒頭20分で人物説明なんて概念は皆無なようで、登場人物はさほど多くないものの、阿ワン、阿フンなど「阿」の人が大勢登場して、阿フンが通学で電車に乗ってトンネルをあっちに行ったら台北方面だったから、トンネルをこっちに走ったら帰郷って事だなとか、阿フンの髪が10cm伸びたから少なくとも1年は季節は進んだのだろう。。。みたいに万事その程度の説明描写、しかも突然脈略もなくで進むので集中して行間や空気を読まなきゃ置き去りにされ、そもそも物語自体理解できないし、メタな視点で見ないと監督の映像詩なんて見えてきやしない。
と、台湾ニューシネマは難しいのは間違いないけど癖になるのも間違いなく、自分の中では新しいsweet16の名作が加わったと思う。
rn

rnの感想・評価

4.0
めっちゃいい 夏
nana

nanaの感想・評価

-
九份いったときやってたのに観れなかったの悔しい
異常に瑞々しいヒロインとシンプルすぎて美しい台湾の田舎

映像購入希望なし
ぎぎぎ

ぎぎぎの感想・評価

4.0
自分の薄ぎたねえ精神が洗われますわー。爆竹じいちゃん。野外上映で流してる異常な数のガチョウが出てくる映画が気になる🦆
ちろる

ちろるの感想・評価

4.1
ノスタルジックで夏の緑の匂いがする。
私のイメージした台湾が、この映画の中にはたくさんあってその瑞々しさが嬉しかった。
兄妹のように育ち、都会に出るのも同じタイミングで、当たり前のように一緒になるような気がしていた2人のすれ違いは兵役による遠距離。
女の弱さはこういうところにあって、どうしても近くにいてくれないと近くに優してくれる男性にゆらいでしまう。
あまりに清らかな純愛を描きながら、こういう所は痛い現実を突きつけてくる、絶妙なバランス、台湾のラブストーリーには非常に多いよね。
爆竹の音、静かで重みのある祖父の言葉、野外映画のシーンや、夕暮れの映像があまりに美しくって、切ない終わりだけど、アワンはきっと大丈夫だと思った。
時間が流れることは痛みを伴う。
いつまでも幸せは居座ってくれないのだけど、また新たなかたちで必ず幸せは訪れる予感のする美しい作品。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.0
おじいちゃんが良い味だしてる…
sai

saiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

青春だね。自分も似たような経験があるから沁みる。口にせずともいつかは結婚すると思ってた女性が、知らない男と結婚するという切なさと、その後に来る後悔。
そして、食事が全部美味しそう。
まさ

まさの感想・評価

4.0
台湾映画まじすげーぜ!!傑作でしょう!

でも、ひどい話だな…ラストの展開は声出たわ…
兵役につかねばならない男…
現実的に、男女の恋ってこんなもんなのかね。悲しくなったわ。

風景が美しく、絵的にも最高の本作。
青春映画の傑作。
>|