恋恋風塵(れんれんふうじん)の作品情報・感想・評価

恋恋風塵(れんれんふうじん)1987年製作の映画)

戀戀風塵

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.0

あらすじ

鉱山の村で幼いころから兄妹のように育った少年ワンと少女ホン。台北に出た二人は、夏の里帰りを楽しみにしながら、愛すると感じるよりも深く心で結ばれている。やがてワンのところに兵役の知らせが届く。ホンはワンに毎日手紙を書き続けることを約束し、ワンにも自分の宛名を書いた1000通の封筒を託す……。

「恋恋風塵(れんれんふうじん)」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.0
ジャケから受けるイメージとは真逆であろう牯嶺街を彷彿とさせるダウナーなsweet sixteenな純愛「憂鬱な楽園」のホウ・シャオシェン監督作。日本だとsweetなbluesは19が相場ですが、海外では甘くいられるのは16までが法律なのですね。

しかし、台湾ニューシネマと呼ばれる80年代の台湾映画は不親切なのは間違いなく、ハリウッド映画の冒頭20分で人物説明なんて概念は皆無なようで、登場人物はさほど多くないものの、阿ワン、阿フンなど「阿」の人が大勢登場して、阿フンが通学で電車に乗ってトンネルをあっちに行ったら台北方面だったから、トンネルをこっちに走ったら帰郷って事だなとか、阿フンの髪が10cm伸びたから少なくとも1年は季節は進んだのだろう。。。みたいに万事その程度の説明描写、しかも突然脈略もなくで進むので集中して行間や空気を読まなきゃ置き去りにされ、そもそも物語自体理解できないし、メタな視点で見ないと監督の映像詩なんて見えてきやしない。
と、台湾ニューシネマは難しいのは間違いないけど癖になるのも間違いなく、自分の中では新しいsweet16の名作が加わったと思う。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
あたしこのヒロインが志田未来にしか見えない笑。電車?がガタンガタンと行くシーンは何だか『ペパーミント・キャンディ』を思い出した。何となくこの映画を意識して撮ったんじゃないかなあの映画のガタンゴトン場面(たぶん違う)。「すべては縁」の一言で片づけられると何だか悔しいしぐぅの音も出なくなるのだけどそれもおそらくまた心理。
素晴らしすぎて
もう一回観に行きます
爆竹が良き。
marika

marikaの感想・評価

-
じいちゃん
最初のトンネルがいい
反復の仕方が徹底しているのが印象的
特に孤独のこだまが

なんだかんだ岐阜が舞台の某朝ドラみたいな話だった
1時間でギブアップしてしまいました。
映画に対して申し訳ない気持ちで一杯です。
侯孝賢監督、合わないかも…
あ

あの感想・評価

4.0
次のカットが素直に見ると普通に続きになっているんだけど何年も経っているような見え方もして、物語時間が普通の映画とは違う流れ方をしているように感じた。間をたっぷりとったつなぎと幼馴染の関係という内容がとても合っていた。ヒロインが超可愛かった。
tamao

tamaoの感想・評価

4.8
暗闇のトンネルを抜け緑また暗闇そしてまたふたたび緑。アワンの涙。格子越しの会話。紙に記してきた家族の足型。台湾版シェルブールの雨傘かとおもった。
>|