勝手にしやがれの作品情報・感想・評価

「勝手にしやがれ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「勝手にしやがれ」
原題「A bout de souffle」
1960/3/26公開 フランス作品 2018-042
再鑑賞

本当にオシャレ!!
言わずもがなのヌーベルバーグの記念碑的作品で、アメリカン・ニューシネマにも多大な影響を与えたい作品ですね。
画面の連続性を無視してショットを繋ぎ合わせるジャンプカットという技法を用いたり、手持ちカメラでの街頭撮影、高感度フィルムの利用、即興演出、隠し撮り、唐突なクローズアップ、などこれまでの映画の既成概念をひっくり返した自由な撮影方法で、見事に主人公の破滅に向かう刹那的な生きる「青春」を見事に演出しています。
そして、台詞の言い回しも凄くオシャレで考えさせられ、共感することが多いですね。
この主演で一躍スターになったベルモントは私の子供時代の憧れの象徴でした。ジーン・セバーグもヌーベルヴァーグの象徴的存在でした。
そして印象に残るラストシーン、やはり映画史に残る素晴らしい作品ですね。

ジャン=リュック・ゴダールの初長編監督作。即興演出や手持ちカメラでの街頭撮影など、当時の劇場映画の概念を打ち破る技法で製作され、後の映画界に大きな影響を与えた、ヌーベルバーグの記念碑的作品。原案はフランソワ・トリュフォー、テクニカルアドバイザーとしてクロード・シャブロルも参加している。警官を殺してパリに逃げてきた自動車泥棒のミシェルは、新聞売りのアメリカ留学生パトリシアとの自由な関係を楽しんでいた。パトリシアはミシェルの愛を確かめるために、彼の居場所を警察に伝え、そのことをミシェルにも教えるが……。2016年にデジタルリマスター&寺尾次郎氏による新訳版が公開。
umi

umiの感想・評価

4.0

恋愛もののフランス映画って大体男か女か、もしくはどちらもにイライラしてしまうので、日にちを選ばないとまともに見られない。

カッコいいんだけどねえ…キャラクターが好きになれないと乗れないとこあるわ。
ゴダールでござーる。言わずと知れた映画史の記念碑的作品。ジャン=ポール・ベルモンド、ジーン・セバーグ。若気の至りってところも結構あるんだけど、10回以上見ても飽きない。
終盤の「Pa-tri-cia (パットリッシア)! ― Qu’est-ce qu’il y a(ケッスキッリヤ) ?」のやり取りが好き。
ジーン・セバーグが着ていたボーダーのワンピースは何色?オレは水色に一票でござーる。
Umon

Umonの感想・評価

3.3
よく分からんけど、終わり方は嫌いじゃなかった。
たまに通行人がカメラ目線で、ゲリラ撮影したんかなって。
s

sの感想・評価

-
布団の中にかくれるシーンがかわいすぎた
きみは時々火星人の顔になる
永遠に残るヌーヴェル・ヴァーグの名作。即興演出や手持ちカメラでの街頭撮影など、当時の劇場映画の概念を打ち破る技法で製作され、後の映画界に大きな影響を与えたヌーヴェル・ヴァーグの記念碑的作品。私のInstagramでも和田誠さんのこの映画のイラストをアイコンに使わせてもらっています。もう大好きすぎて、ゴダールの88才birthdayの昨日(12月3日)もDVDで再び観ました。

やはり、ゴダールとジャン=ポール・ベルモンドのコンビは最高だし、『悲しみよこんにちは』(1957)でのベリーショート髪のセシールカットがブームにもなったヒロインのジーン・セバーグが瑞々しい。密告する役はゴダール自身が演じ、空港でインタビューに応じるスターはなんとジャン=ピエール・メルヴィル、そして原案はフランソワ・トリュフォー、映画の監修はクロード・シャブロルとヌーヴェル・ヴァーグの仲間たちが集って、いかにもヌーヴェル・ヴァーグ✨✨✨🎬。車が行き交う街頭で新聞を売るセバーグの「ニューヨークヘラルド・トリビューン!」の声と、マルシャル・ソラールのジャズが耳に残るなど名シーンの数々。永遠に色あせない宝石のような映画です。
※加筆、内容編集しました2018/12/04
THROUGH227

THROUGH227の感想・評価

2.9
勝手にしやがっちゃってますねw
追われてるのにのらりくらり

ひたすらに煙草を吸い、ひたすらに君と寝たいと囁きまくる。
時代だなぁ
ジャズを伴奏音楽として使用し始める
蹴舞

蹴舞の感想・評価

2.7
なんだか、音楽や空気感、キャラクターがなんともフランス映画という雰囲気の作品だった。

白黒が映える綺麗な映画だと思う。
>|