勝手にしやがれの作品情報・感想・評価

「勝手にしやがれ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「勝手にしやがれ」
原題「A bout de souffle」
1960/3/26公開 フランス作品 2018-042
再鑑賞

本当にオシャレ!!
言わずもがなのヌーベルバーグの記念碑的作品で、アメリカン・ニューシネマにも多大な影響を与えたい作品ですね。
画面の連続性を無視してショットを繋ぎ合わせるジャンプカットという技法を用いたり、手持ちカメラでの街頭撮影、高感度フィルムの利用、即興演出、隠し撮り、唐突なクローズアップ、などこれまでの映画の既成概念をひっくり返した自由な撮影方法で、見事に主人公の破滅に向かう刹那的な生きる「青春」を見事に演出しています。
そして、台詞の言い回しも凄くオシャレで考えさせられ、共感することが多いですね。
この主演で一躍スターになったベルモントは私の子供時代の憧れの象徴でした。ジーン・セバーグもヌーベルヴァーグの象徴的存在でした。
そして印象に残るラストシーン、やはり映画史に残る素晴らしい作品ですね。

ジャン=リュック・ゴダールの初長編監督作。即興演出や手持ちカメラでの街頭撮影など、当時の劇場映画の概念を打ち破る技法で製作され、後の映画界に大きな影響を与えた、ヌーベルバーグの記念碑的作品。原案はフランソワ・トリュフォー、テクニカルアドバイザーとしてクロード・シャブロルも参加している。警官を殺してパリに逃げてきた自動車泥棒のミシェルは、新聞売りのアメリカ留学生パトリシアとの自由な関係を楽しんでいた。パトリシアはミシェルの愛を確かめるために、彼の居場所を警察に伝え、そのことをミシェルにも教えるが……。2016年にデジタルリマスター&寺尾次郎氏による新訳版が公開。
短髪で勝気で、男だったらこんな女の人に振り回されたかったかも。
たいち

たいちの感想・評価

3.1
初ゴダール。
ザックリ内容を説明すると、警官を撃ち殺した主人公の逃亡劇。
主人公はクズだし、特にハラハラするシーンも無いし、どうぞ早く捕まってくださいって感じで退屈しながら見ていた。
ジャン=ポール・ベルモンドが特別カッコいい訳ではないのに、妙な色気を放っていて魅力的に見えた。
NagiMorita

NagiMoritaの感想・評価

3.6
カットが多いですね。
どーしょもないやつだが憎めない、そんな男とこれまた真面目なのか不真面目なのかよくわからない女の儚いロマンス
タバコのシーンが印象的で、バックに流れるジャズともマッチしていた
vivienne

vivienneの感想・評価

4.5
お初ゴダールでした。
自分の感性がこの映画に追いついてなくてどう評価していいのか分からない。これが本当に素晴らしいのか、古い映画だからゴダールだから素晴らしく感じてしまうのか。

ラストシーン。そこでお前しかめ面〜てやるかぁ、かっこよすぎる。
スカートめくりも好き。やられたらビンタしよう。
目をそらすまで見つめるわ。moi,aussi
この台詞も素敵だったなあ。
ファントムスレッドにも
にらめっこするならあなたの負けよ
って台詞が出てきたけどもしかしてここから?!なんて思った。たぶん違うね(笑)
式部

式部の感想・評価

-
この時代のフランスへの想いが募る
ミシェルの刹那的な生き方は憧れすら抱きますな
加賀田

加賀田の感想・評価

4.0
2回目
一瞬の夢
Aki

Akiの感想・評価

4.5
やっとこさ鑑賞。
1つ1つの台詞がとてもお洒落、映像が初めっからかっこいい最初の「海が嫌いな奴! 山が嫌いな奴!〜」で思わず凄‥!って思ったもちろん良い意味で。
ただ毎度毎度、スカートめくるのはなんか笑ってしまった。
1959年の作品‥改めてすごい。
自動車泥棒を生業とするミシェル(ジャン=ポール・ベルモンド)は、盗んだ車の運転中に白バイ警官に見つかり、咄嗟に拳銃で射殺してしまう。
ブレーキもバックも知らない男は、ただ目的(未来)もなく、現在を刹那的に生きる。
彼はガールフレンドのパトリシア・フランキーニ(ジーン・セバーグ)と行動を共にする。
殺人を犯した男はしかし、罪の意識に苛まれることなく、それを知った女も頓着しない。
「殺人」という決定的な出来事をよそに、男と女は取り留めもない会話を重ねる。
サングラスのつるを口に咥えるパトリシアの仕草がエロティックだ。
chamama

chamamaの感想・評価

4.0
ジーン・セバーグが可愛すぎる。ラストシーンのセリフ。印象的。
>|