勝手にしやがれの作品情報・感想・評価

「勝手にしやがれ」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.2
「勝手にしやがれ」
原題「A bout de souffle」
1960/3/26公開 フランス作品 2018-042
再鑑賞

本当にオシャレ!!
言わずもがなのヌーベルバーグの記念碑的作品で、アメリカン・ニューシネマにも多大な影響を与えたい作品ですね。
画面の連続性を無視してショットを繋ぎ合わせるジャンプカットという技法を用いたり、手持ちカメラでの街頭撮影、高感度フィルムの利用、即興演出、隠し撮り、唐突なクローズアップ、などこれまでの映画の既成概念をひっくり返した自由な撮影方法で、見事に主人公の破滅に向かう刹那的な生きる「青春」を見事に演出しています。
そして、台詞の言い回しも凄くオシャレで考えさせられ、共感することが多いですね。
この主演で一躍スターになったベルモントは私の子供時代の憧れの象徴でした。ジーン・セバーグもヌーベルヴァーグの象徴的存在でした。
そして印象に残るラストシーン、やはり映画史に残る素晴らしい作品ですね。

ジャン=リュック・ゴダールの初長編監督作。即興演出や手持ちカメラでの街頭撮影など、当時の劇場映画の概念を打ち破る技法で製作され、後の映画界に大きな影響を与えた、ヌーベルバーグの記念碑的作品。原案はフランソワ・トリュフォー、テクニカルアドバイザーとしてクロード・シャブロルも参加している。警官を殺してパリに逃げてきた自動車泥棒のミシェルは、新聞売りのアメリカ留学生パトリシアとの自由な関係を楽しんでいた。パトリシアはミシェルの愛を確かめるために、彼の居場所を警察に伝え、そのことをミシェルにも教えるが……。2016年にデジタルリマスター&寺尾次郎氏による新訳版が公開。
pon

ponの感想・評価

4.0
レンタル
色褪せない
ゆろ

ゆろの感想・評価

5.0
初ゴダール。この映画大好き。
セシルカット可愛すぎだなー
台詞がいちいち洒落てる。
ゴダール、ハードボイルドかつロマンチックな作品ばかりですごい。映像も台詞も無駄がなくスタイリッシュで最高だった。
ヒロインのジーン・セバーグがかわいくてかっこよくて超良い。
ストーリーもちゃんとしていて、今まで観たゴダール作品の中でいちばんわかりやすかった。煙草吸いたくなる。
さち

さちの感想・評価

5.0
劇場で観れてよかった☺️名作👏

何度観てもその度にベリーショートにしたくなる(笑)
fmkjun

fmkjunの感想・評価

3.9
2012 2012
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
ここまで洒落てたら逆に引くわ!\(^o^)/鬼スタイリッシュ! 突然英語を話し出したりかっこいいのにチョップで男を気絶させたり、外しも面白いなーと思った。鬼才ってすごいねぇ。
Yolice

Yoliceの感想・評価

3.6
À bout de souffle!


フランスのヌーヴェルヴァーグを代表するジャン=リュック・ゴダール監督による長編第1作

ただフランス人男性とアメリカ人女性の恋愛模様を描いた作品かと思いきや、サスペンスっぽい要素もありなかなか見応えがあります

度々登場する彼女の"Qu’est-ce que c’est~?"(〜って何?)という質問が、言語の壁だけでなく、2人の間にある様々な壁も体現しているようでとても印象的

シーンの連続性を無視してカットを繋ぎ合わせるジャンプカットという編集によりテンポの良い疾走感が生まれ、また登場人物が突然スクリーン越しの観客を見つめセリフを話し出し "第四の壁を破る" ことにより観客をよって物語に引き込んでいく
このように技術的な面においても斬新で革新的な作品です
Anne

Anneの感想・評価

3.6

生と死/男と女/フランスとアメリカ/束縛と自由etc……二項対立の映画ではあるが。何とまあつまらない!

だって、斬新なジャンプカットは私の興味にないし。唐突なシーンチェンジもそうですか、と。とはいえ、筒を覗いてキスシーンになるカットはハッとした。
これはこの映画に限らないが、ブラケットライトやテーブルランプ、夜景が、白黒だからますます素敵だなあと。
>|