メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版の作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 香港映画
  • メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版の映画情報・感想・評価・動画配信

「メイド・イン・ホンコン/香港製造 デジタル・リマスター版」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ところどころちょっと口を押さえウップとしたくなるシーンはあるけれど(又そこがアジア映画特有でいいのかも)いい映画でした!一番好きなシーンは後半、チャウがどんどん追い詰められた精神状態になり(ナチュラル・ボーン・キラーズのポスターとチェ・ゲバラのポスターが貼ってある狭い狭い部屋で)両手に銃を持ち爆音のリズムに合わせ踊るところですね。素晴らしい映像と音楽!いいなーあそこもう一度見たい!

眉が弓形のベリーショートの女の子ペンは正に「恋する惑星」のフェイウォンのオマージュでしょうか、なんか可愛かった。(オマージュというほど時が経ってないので香港映画といえばベリーショートが当時激流行りだったからか?)彼女の履いてるショーツ、おヘソの上まであるおばさんパンツで宮﨑駿のオマージュでもあるのかと少し思った。その下着にしても彼女を処女として描きたいから一度もチャウと最後までは行かなかったのかな。

チャウが自分の白いパンツを何度も手洗いしたり、部屋に干したり干したパンツが映像に何度も映っていたが実際のセックスシーンはなく、彼女のパンツ、彼のパンツは、彼らの内向した性表現なんだろうな。

そう、覚えています。英国領香港が中国に返還される少し前香港がどんな風だったか。少しお金のある人達は皆逃げ出した。カナダに移住ラッシュ、皆が刹那的だった。この先どうなるか分からない不安感が蔓延していた。香港人達は皆最新式電気製品を次々買う、今楽しめれるだけ楽しめとばかり新しいテレビを買う、先の事を考えたくないから今現在に耽る。だから本作でもテレビを壊したり投げ棄てたりするシーンが多いのだろう(と勝手に推測)。愚かな行動の象徴として「新型テレビ」なのかな。大人達の心臓を取り出したらさぞかし汚い色をしているんだろうとチャウが呟く。大人達が不安定だからその鬱々した心が子供に波及し子供も残忍ないじめでストレス発散をする。その犠牲者がロンか。。でもロンはチャウに庇ってもらえて良かった。日本のドラマにも昔本作にとても似たのがありましたね。萩原健一(ショーケン)の「傷だらけの天使」だ。アキラとオサムだったか、チャウとロンの関係に似ている。歳を取るとこの手の映画ドラマを見ても、はい、無軌道な若者の物語ね、で済まされるけど、若い時というのは実際こういうものだし変に大人の理屈に従う若者は嘘くさくていけない(いや、社会的には従順な人の方が扱い易いけれど)現実は心のままに生きるチャウが本物だ。汚い人間は長く生き、純粋な人間は早く死ぬ。チャウは少し高橋一世に似てるなーと思いながら視聴していました。いやーまたこんなクセのある映画を見てしまうとその後欧米映画いくら見ても感動しなくなるんだなー。
香港の街と住居の狭さ息苦しが最高に良いです。
躍動に満ち溢れた青春映画ではなく、やりきれなさMAXな上にバイオレンス描写+返還前の暗雲で重苦しいですが、
そんな環境で親に見放された2人(+1人)の出会いが儚い。
自由に生きれるのは墓場の空だけ。
シェーシェーだぜ。あんたはオイラに飛び方を教えてくれた
だ

だの感想・評価

-
チャウの格好めっちゃ好き、パンキッシュなスタイルがイギリスっぽい
香港の青年達による青春(?)映画。

香港の湿った空気、適当な大人達、勢いだけの少年少女、情景が強く印象に残る映画だった。

初期衝動、スピード感ありの作品。シナリオもよく練られている。
akubi

akubiの感想・評価

3.9
popでsadな果てしない青春。
足りないものをみつけられると信じているみたいに、ぼくらは彼女の名前を呼び続けた。
あの頃空はどこまでも高く、ぼくたちの未来は永遠におもえた。

薄っぺらい正義をふりかざしても、その真っ直ぐな優しさはすぐに 大人たち に掻き回され、掻き消されてしまう。

語られることのなかった、ひとつひとつの尊く短い人生の物語たち。
新しい入り口へむかって飛び立った少年と少女。ミッキーとマロリーに憧れている君は、不器用なロマンチスト。
奔放な若者を取り巻く日常と非日常、そして生と死。中国返還が迫る香港を覆うどこかカオスじみた喧騒の雰囲気、それに負けじと我が道を行く主人公の絶妙な青臭さが不思議と心に染み入っていく。劇中ふと急に登場する名作映画のポスターを見つけるのが楽しい。
Azusa25

Azusa25の感想・評価

3.7
ピンポンに出てたサム・リーが気になって観ました。
み

みの感想・評価

4.0
赤と青が印象的。

韓国で作ればもっと血みどろで重く
日本で作れば軽薄でポップなものになるのだろう。
湿度を感じるのにとても爽やかな映画。

女学生の大縄。薄暗いマンションでのスケートボード。何度も手洗いした下着。やっと粉々になったテレビ。赤いテントの市場。粉まみれの龍。
どれをとっても絵のような美しさだった。
>|