カス

-北村透谷- わが冬の歌のカスのレビュー・感想・評価

-北村透谷- わが冬の歌(1977年製作の映画)
4.0
ワンシチュエーションで物事を進めて行く構造はいい。
けれど後半の急なATG臭が気にかかる。
自由民権を愛で挫折した北村透谷への興味が湧いた。
文学とは何なのか。
北村透谷について学ばなければ。