8さん

マイノリティ・リポートの8さんのレビュー・感想・評価

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)
3.9
2054年アメリカのワシントン。
多発していた殺人事件は犯罪予防局の予知能力システムによって見事に減少していた。

予知能力システム"プリコグ"。

そのシステムは、プリコグと呼ばれる3人の予知能力者によって構成された画期的なシステムだった。プリコグが予知した情報を元に、日々現場へ急行する予知局員のジョン・アンダーソン。

そんなある日の事、システムはジョン自身が殺人を犯すのを予知してしまう。これは何かの間違いだと動揺するが、真相解明の為に逃走してしまう…


『完全なる未来予知などない…』

『未来は変えられる…』


アガサが映し出す映像は、記憶の断片とも言える出来事の一部分。それを神の様に讃えながらも閉じ込めて利用する人間達。計算しつくされ練り込まれた設定ですね。

時代は未来という事もあり、見るものほとんどが綺麗で青みがかかった映像美とデザインに視線を奪われる。

しっかりとしたストーリー構成に加え、トム・クルーズとコリン・ファレルの実力派俳優の頭脳戦とも言うべき追跡劇は見所でしょうね。

久しぶりに観た今作ですが、今観ても何ら見劣りしませんでした。ドラマ版の方はどうなのか気になります。