ゆき

義兄弟 SECRET REUNIONのゆきのレビュー・感想・評価

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)
3.7
国の故、国の為に。

6年前、北朝鮮工作員との銃撃事件をきっかけに男達の人生は大きく変わった。
それぞれの目的を胸の内に秘めながら二人は時間を共にするようになるが。

陰のある役を任せるならカン・ドンウォンの右に出るものはいないんじゃないかと思う。
長身で小顔、端正な顔立ちという華やかに聴こえる容姿とは裏腹に孤独感や悲壮感がなんとも似合う。ちょっととぼけた役回りも似合うから不思議。

寝食を共にするうちに主役の2人の関係性に垣間見える変化がとても愛らしかった。
南北問題は体感しない限り独特な空気感について言及すべきではないと思う。
世界的に大きな問題についても描いている一作ながら重過ぎず「映画」として観るにはちょうど良かった。