メッシ

空飛ぶゆうれい船のメッシのレビュー・感想・評価

空飛ぶゆうれい船(1969年製作の映画)
3.2
地球征服を企む組織と対抗する幽霊船と少年ね話。
石ノ森章太郎の連載を無理やり60分に詰め込んだせいか、ビックリするくらいスピーディな展開。年壊滅、両親亡くなる、出生の秘密、財団の謎、兵器工場、地下組織、幽霊船、戦い。。。気を抜くと話に置いてかれる。石ノ森章太郎の戦後アメリカに飲み込まれそうになる日本への警鐘かと感じた。特にコーラを彷彿とさせるBOAジュース!CMインパクトありすぎ笑