空飛ぶゆうれい船の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

「空飛ぶゆうれい船」に投稿された感想・評価

セイタ

セイタの感想・評価

3.3
原作が石ノ森章太郎!
原画スタッフに宮崎駿!
すごい!
確かに雑魚キャラの中にちょいちょい宮崎駿メイドっぽいヤツがいた!

なんか主人公サイドが物語の展開をずっとわかりやすくセリフで説明してて笑った!笑
子どもの頃に観たかった!
平成ライダーの各作品には石ノ森章太郎さんの隠し?テイストみたいなのを感じる
というか公表されているが、これはファイズ感かなっつって
とてと短い時間に色々詰め込んでる。やりたいこと多すぎてまとまってない感も強いけど、イベントが立て続けにくる脚本だから最後まで観れちゃう
KANIO

KANIOの感想・評価

-
映画好きの間でも熱烈なフォロワーが多いのも頷ける傑作。
50年前の子供向け作品で、このSF感は凄い。ホラー演出が本気すぎて子供向けとは思えない。

超展開が怒涛のように続くので、合理性に期待すると肩透かしを喰らう。肩肘張らずに見るのがちょうどいい。

原画スタッフに宮﨑駿が参加していたらしい豆知識。
股旅

股旅の感想・評価

-
昭和特撮アニメの代表作。

空飛ぶゆうれい船とガイコツ船長。そして街を破壊するゴーレムと悪の結社が次々と登場する、石ノ森ワールド全開な作画を眺めているだけで幸せだった。
濃霧を纏ったゆうれい船にド派手な東映フォントが被さるタイトルシーンで既に絶頂してたけど、そこから怪奇ロマンの始まりを告げるタイトルバックまで含めて文句なしの芸術品。巻き戻して何回も観ちゃった。

そしてモチロンこちらがネタ元なのだけど幽霊船が潜水艇になってからの一連が丸まんまパシフィック・リムすぎて吃驚した。デル・トロの愛は海よりも深い。


ボアジュースのCMはゼイリブ×某翼を生やすドリンクのハイブリッドで、フツーに背筋に冷たいものを感じますた。黒い風刺と溶ける人体が当時の子供に残したトラウマは計り知れない。ご愁傷さまです。
安倍首相は必見。
ガイコツ船長がルックもキャラも格好いい
テンポ良く内容モリモリであっという間の60分
50年前の映画なのにいろいろすごい
この時代の漫画って、展開めっちゃ早くてホント良いよなぁ〜
原作も読みたくなった
リモ

リモの感想・評価

3.9
テレビアニメでなく有名キャラではなかったキャラクターと幽霊船が飛ぶなど考えもしない設定が新鮮だったのを覚えている。

当時のスタッフなチャレンジ精神の賜物
ねび

ねびの感想・評価

3.8
前述の海底3万マイルと同じテイスト。ベタベタな昭和感。原作も石ノ森章太郎。海底3万マイルより更に怪しい。
昭和感を味わいたい人には、いいかも。