ファイナル・デスティネーションの作品情報・感想・評価

ファイナル・デスティネーション2000年製作の映画)

FINAL DESTINATION

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

3.5

「ファイナル・デスティネーション」に投稿された感想・評価

yuri

yuriの感想・評価

3.0
作業しながらだったのでもっと真剣に見れば良かったけれど、お手軽に見れるのもそれも1つの良さかな。なので、あんまり分かってないけれど、続きのシリーズを見ようとは思わなかったです。充分なかんじ。
茶一郎

茶一郎の感想・評価

3.4
 よくよく考えれば「人間の死亡率は100%」なので当たり前なのですが、その「死の運命」自体が殺人鬼というアイディアを真っ正面からホラーに取り込んだ画期的なサスペンス・ホラーシリーズ1作目『ファイナル・ディスティネーション』。
 このタイトル「最終的な目的地」が指すのは、もちろん「死」そのもの。何だかんだシリーズ5作目まで作られたという伝説的なシリーズであります。
 
 偶然、自分が乗る予定だった飛行機が爆発する予知夢を見た主人公と、それに巻き込まれた人物を襲う「死」。生活にありふれた日用品が徒党を組んで登場人物を襲うその様は、しばしば「死のピタゴラスイッチ」と表現されますが、実はピラゴラスイッチの放送開始は本作公開の2年後であるため、『ピラゴラスイッチ』の方を「平和な『ファイナル・ディスティネーション』」と呼ぶべきだ、というのは映画ファンお決まりのツカみです。

 超荒唐無稽な作品『ファイナル・ディスティネーション』。ワンカットで人が車に轢かれる描写などVFXを駆使した新しい殺人描写も、当時は斬新だったそう。
 何よりシリーズ屈指の傑作は2作目『デッドコースター』でしょう。本シリーズにハマったら、日常がスリリングに感じられる事間違いありません。

このレビューはネタバレを含みます

00年を感じる映像
踏切で線路で金属が飛んできて首が飛ぶシーンを見てから僕は踏切を待ってるときは20m距離を置くようにしました
Bondrake

Bondrakeの感想・評価

4.3
とにかくこの映画のアイディアじたいが興味をひくもので、ホラー嫌いだった私でも観たいと思うものでした。
内容はとても単純です。死の運命に背き生き延びた若者たちが、再び襲ってくる"死"から逃げ回る物語です。そしてもちろんホラー映画なのでグロテスク要素はあります。ですがよくみてみるとそれほどグロテスクではありません。それよりもショッキング度のほうが高いです。
ホラー映画なのですが、サスペンス的な展開もあるのでハラハラドキドキできます。本当に面白いです。
ホラー初心者にもホラー好きの方にもおすすめの作品です。
初めて見た時の衝撃はエグかった。毎日ただ生き続けてることが奇跡のように感じられた。
比留川

比留川の感想・評価

3.5
このシリーズ全部好き。
単純明快でどんどん死ぬ…
もうここまでくると爽快に感じてくる…
なんだろう、何年かに一度は見たくなる。絶対に地上波では流せない映画です。あーって言いながら指の隙間から思わず覗いてしまうような死に方が多い。シリーズ途中で失速しますが、最後の作品で盛り返してます。諦めずに全シリーズ見てほしい。
ピタゴラスイッチVS人間

未来を予知して死を回避するのはよくある展開。しかし、死ぬはずだった運命を塗り替えることは出来ず、次々と生き残りが殺されていくというのが秀逸。

要するに登場人物がどうゆう死に方するのか予想する映画。死神の殺し方がまあできすぎで、もう笑うしかない。

ワンアイデアなので最終的には飽きてた。
わいな

わいなの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

なぜか二作目から見始め先日最終作ブリッジを観たので初視聴。
めちゃくちゃオカルト感
黒いオーラとか出ちゃうのね笑笑
水が引いていく描写とか超常現象的描写あるのが今作だけなのでなんか新鮮やった。
二作目からはグロに振り切るw
死のルールを解明していく流れはストーリーとして今作が一番しっかりしてると思う。
まさか五作も出る大作になるとは誰も予想しなかったであろう理不尽ピタゴラスイッ死シリーズ
死に方が最後の方以外地味〜にありそうなのが怖い
電線はもう死神超頑張ってる感が楽しすぎたw
なこ

なこの感想・評価

3.0
若者vs逃げても絶対殺すマン
敵に実体がなく運命としか言えない
可もなく不可もなしって感じ
>|