心の旅路の作品情報・感想・評価

「心の旅路」に投稿された感想・評価

ラストは何回見ても感動してしまいます。これを越える映画は出てこないんじゃ無いかというくらいの作品です。ということで5.0点です。
ゆこ

ゆこの感想・評価

3.3
オチも読めるありきたりな展開だったけど、最後のエンディングまでの道のりでじんわりきた
古いモノクロ映画って、それだけで理屈じゃ語れない良さがある

「過去に囚われた人」「レイニアー卿の夫人でいるのは疲れるのよ」みたいな二重の意味を含む言葉たちが面白い
なんで皆スミス(チャールズ)に無条件で一目惚れするのかは謎 ご都合主義やな
miyuneko

miyunekoの感想・評価

5.0
昔々の古い映画ですが、ロマンティックで、悲しくて、とてもやさしい作品です。もともと、文芸作品で本を読んで感動し、必然的に映画化されているのが分かり、鑑賞しました。手元に置きたいので、DVDを買ってしまいました。なんといってもラストシーンがたまりません。最高の映画です。
なごむ

なごむの感想・評価

3.7
ポーラ!
krpfilm

krpfilmの感想・評価

3.8
寄り添い 相手に合わせ 決して急かさないポーラ(マーガレット)。こんなに素敵な女性います?
昔、よくあった記憶喪失の話。ついつい観てる方は、記憶がよみがえらないことを、女主人公と一緒に、感情移入してしまう。でも、本当にえらいのは、結婚をあきらめたいとこの彼女であろう。
RISA

RISAの感想・評価

4.4
記憶が戻って本当に良かった
ずっと見たかった作品。
なぜかと言うと、大の映画好きとしても知られる田中角栄が生涯で最も愛した映画とされているからだ。
自分は田中角栄のもつカリスマ性や政治的手腕、ビジネスにおける才能、努力を怠らない姿勢や人への接し方、振る舞い方にとても尊敬の念を覚えている。その田中角栄も、忙しい時間の合間を縫って、映画をよく見ていた。彼がこの作品を好むのは、きっと彼の波乱に満ちた人生が影響してるのかもしれない。
田中角栄の話ばかりで、今作の話から逸れてしまったが、記憶をなくした男の波乱万丈な人生という感じである。
ラストシーンにすべてが収束し、感動した。
カメラ、スマホ、携帯等が普及した現在では、きっとなりたたない話であろう。
昔は、止めるものがない分、人々は心の中にたくさんの思い出を留めていた。

しかし、現在では何回も写真を見返したり、動画を繰り返して見られる時代になった。

記憶が戻る過程に一切、写真や過去のものを見ていない。

本人の記憶だけなのだ。

携帯で撮影をすることも大切だが、それ以上に心に留めておくことの大切さを感じた
>|