どーもキューブ

理由なき反抗のどーもキューブのネタバレレビュー・内容・結末

理由なき反抗(1955年製作の映画)
4.1

このレビューはネタバレを含みます

ニコラスレイ、ジェームスの目の輝き



1955年原作監督ニコラスレイ。
 
17の高校生ジェームスディーン。

彼はある理由から反抗しはじめる。

彼に取り巻く暴走族

ジェームスは危ない

「チキンレース」に参加する。

ある種の若さが当時の多くの若者心を捉えた作品。

今みると微妙な反抗理由にみえるかもしれませんが、

素晴らしいジェームスディーンの表情。

伝説的なあの

悲しい目

は必見です。

あの父上って今けっこういるような気がする。

ジェームスディーンが今だにファッションアイコンとして躍り出る、永続性。

2009年4月14日レビュー

追記
ニコラスレイの青春映画

ディーンは、本作に感化されたのか?
事故で亡くなってしまう皮肉。

その目の輝きをぜひ!