deenity

めまいのdeenityのレビュー・感想・評価

めまい(1958年製作の映画)
3.7
相変わらずこの監督は想像の範囲外にオチを用意してくる。ヒッチコックの作品の中でも『サイコ』や『裏窓』なんかに並ぶほど人に勧められたのが本作。ようやく見るに至りました。
高所恐怖症の表現や夢をアニメーションのように表現するシーンはヒッチコックならではのチャレンジ精神が感じられていいですね。あの一工夫があるからこそ、観客によりリアルに伝えられるわけですね。

ストーリーも申し分なし。ただ、ちょっとややこしくなって理解できてない部分もあるのでまた鑑賞します。
途中まで高所恐怖症だということを正直忘れてました。ここで繋がってくるんですね。そしてその後のさらに読めない展開。最近ではヒッチコック作品はあまり読もうとせずに素直に騙されようとしている自分がいます。