こちんだ

めまいのこちんだのレビュー・感想・評価

めまい(1958年製作の映画)
3.7
ジョン・スコッティ・ファーガソン(ジェームズ・スチュアート)はサンフランシスコの刑事だったが、高所恐怖症のため仲間を死なせてしまった経験から辞職していた。
今は私立探偵をしている彼に旧友から妻のマドレーヌ(ノヴァク)の尾行を頼む。

ヒッチコックの『裏窓』『北北西に進路を取れ』『サイコ』に並ぶ名作!
自分もお気に入りの作品になった。
ナイトメアのシーンとか50年以上にどうやって撮影したんだって思う…

前半のホラーな展開、後半はムードが出てくる展開。

この映画が公開されたときは批判が多く、ありえない殺人、設定の弱い悪人、驚きが感じられないという感じに言われていたらしい。