七麦

めまいの七麦のネタバレレビュー・内容・結末

めまい(1958年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

ある事故がきっかけで高所恐怖症となった男が、知人から妻の尾行を頼まれた。妻は過去に死んだ女性に取り憑かれ、精神を病んでいると言うのだが‥。

調査を進めるにつれ明らかになる事実とロマンスの末に起こる悲劇。しかしその悲劇には隠された真実があったのだった。

弱みに付け込まれて騙された男と、利用した男を愛してしまった女の、複雑に交錯する感情がヒッチコック節で描かれている。ストーリーは因果応報的シンプルなミステリ。

この後、知人(エルスター)にも何かあったのかどうか。何もなかったとしたら、罪深い夫の独り勝ち