めまいの作品情報・感想・評価

「めまい」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
DVDにて

映画史に名を残す作品(「めまいショット」!)だけど、初めて見た。
タマフルで語られていた、フィンチャーの「ゴーン・ガール」が、テーマ的にこの作品をアップデートしたという話がよくわかった。恋愛を描いているようで、実は搾取にまつわるイヤ〜な話。
yamgt

yamgtの感想・評価

4.0
そんなラストってありか!
きっかけを作ったシスターの感情がゼロで怖すぎる。
恋愛に見せかけて結局は自分のために相手を利用しているにすぎない
それが恋愛
っていう側面をえげつなく巧みな魅せ方で突きつけてくる
sae

saeの感想・評価

-
記録

NC(字)①
tom

tomの感想・評価

3.6
1950年代でこれは天才。
私の大好きな『気狂いピエロの決闘』を観たときこれのことを思い出してずっと観なおしかたったので。やっと。『気狂いピエロの決闘』だけじゃなく、いろんな映画が影響受けてるのを確認できました。やっぱ名作なんですね。個人的には『裏窓』のほうが好きだけど。あとたぶん同意はあまり得られないけど『白い恐怖』とか。『ハリーの災難』とか。タイトル忘れたけど交換殺人のやつとか。

今となっては90分以降が楽しい映画です。
ずっと前に見た時は、前半も楽しかったんだけどな。教会前の花が咲いてる場所とかに狂気を感じた記憶があるけど今回は普通にしか見えませんでした。
さすがに風化しちゃったのか、それとも私が変わったからなのかは不明です。

けど最後の30分は本当にやばい…
そしてあの終わり方は好きすぎて胸が苦しくなるレベルです。

最初の90分でひとつの話が終わり、あとの30分は後日譚的な雰囲気になるのもおもしろかったです。いろんな名作映画の後日譚考えるの楽しそう。笑

観終わってから考えると結局これは高所恐怖症が治る話にすぎないというのもおもしろいし。

あと、この時代のフィルムの発色が綺麗すぎます。映画館で観たいなあって思わされるという…。こういうのは絶対映画館のほうがいいと思う、トリミングもされてないし。

ヒッチコックの映画は誰にも見やすい娯楽映画なのにいろんな仕掛けがあっていいですね。対象を見つめる独特の視線は、ちょっと米澤穂信という作家さんに似ています。冷徹に近いけどそれよりは優しい感じ。
ストーリーはヒッチコック最高傑作
キム・ノヴァックの二役も何度見ても飽きない
Sato

Satoの感想・評価

3.8
映画館で再放映されてるのを見逃してしまったので動画配信サービスで鑑賞

結構後味最悪な部類に入るのかなと

ラストのシスターが怖すぎた

主人公の男の人にちょっとイラッと
押し付けがましいといいますか

でもそれだけ好いていたなかな〜とも思えるけど
似てる人を元カノに似せて行くっていうのには少し恐怖を覚えるけれど
まあ似てる人では無かった訳だけどね笑

サスペンスなのかラブストーリーなのか
じゅん

じゅんの感想・評価

3.8
なかなか不思議な映画
サスペンスよりラブロマンスに近いものがあったけどなんだか切ない…
やっぱり車は昔のクラシックカーの方が断然好き
一昔前の映画を見ると画質も含めて当時の雰囲気が伝わってくるから良いなぁ
>|