「めまい」に投稿された感想・レビュー

ngsm
ngsmの感想・レビュー
2017/03/04
-
DVDにて

映画史に名を残す作品(「めまいショット」!)だけど、初めて見た。
タマフルで語られていた、フィンチャーの「ゴーン・ガール」が、テーマ的にこの作品をアップデートしたという話がよくわかった。恋愛を描いているようで、実は搾取にまつわるイヤ〜な話。
秋月
秋月の感想・レビュー
4時間
5.0
ある男の妻が幽霊にとりつかれているのではないかと元刑事の主人公に依頼がきてからストーリーが展開する

今の恋人に過去の恋人と同じ服や装飾品をつけさせていくと、あることに気が付く主人公の期待とそうであってほしくない不安、過去の恋人に執着している主人公の怖さや愚かさが非常によく描かれている
Tom
Tomの感想・レビュー
8時間
3.4

このレビューはネタバレを含みます

長かった。集中力が切れて何度も中断してしまった。
高所恐怖症で、高い所に上るとめまいを起こす主人公と、先祖の霊に取り憑かれた女性のサスペンス。
後半の、高所恐怖症を利用したネタばらしには驚いた。最後は悲劇だが、当然の報いでもあるか。
恋して亡くしたマデリンによく似た女性を見つけた後、主人公がマデリンと同じ格好をさせようとする強迫的な様子が怖い。
Ryo
Ryoの感想・レビュー
1日
4.2
幻想を追い求めるが故に本当に大事なものを失う。でも幻想を追わずにはいられない人間の弱さ。


後半部の展開が前半一時間の展開をほとんど同じになぞっているだけという事実に驚かされます。ジュディが言ったはずのセリフをジョンが口にしたり、意図的に役割を入れ替えてる場面もあります。
これはヒッチコック映画の特徴であり、他に一人の人間の二つの面を表した表現もあります。

ー冒頭の女性ー
正直正解がわからないので誰か教えてください。
マデリンの曽祖母カルロッタの顔の可能性は高いです。不安気な表情は何かに怯えているかのようです。彼女の目にカメラが迫っていくと、その中からぐるぐると「うずまき」が浮かんできて、彼女が囚われている強迫観念のうずまきに、登場人物たちもろとも観客である私たちまで飲み込まれてしまうかのようです。「カルロッタの呪い」というわけです。

ーシスター・テレサの出現ー
ジュディが「マデリン」の口を借りて言っていた「ここで遊んでいると、いつもシスター・テレサに叱られたわ」だと思います。

ーラストー
「めまい」は過去の亡霊を追い求め、それに恋焦がれる話になってる。それはブロンド美女をヒロインとして使い続けたヒッチコック自身の話であり、映画の中のヒロインや主人公に擬似的な恋をする、という行為そのものでもある。
だからこそ、あのラストのあっけなさがあり、我々観客と、主人公の絶望がある。亡霊は永遠に私たちの手には残らない。それは、映画を見てる間だけの夢であり、幻想でしかない。幻想を追い求めるが故に本当に大事なものを失う。でも幻想を追わずにはいられない人間の弱さ。
めまいはそんなことを暴いてしまってる。
Zarlowe
Zarloweの感想・レビュー
3日
3.3
カラーが良かった。美しい映像を楽しめれた。そんなにすぐに愛してるって思うのかな。
ダース漏ーる
ダース漏ーるの感想・レビュー
3日
3.9
これレビューしてたらネタバレしちゃいそうなんで見てください。
どういう脳みそ持ってたらこんな話作れるんやろう。
天才と変態は紙一重なんですかね。
僕も変態になろうと思いました!
Naoka
Naokaの感想・レビュー
3日
3.6

このレビューはネタバレを含みます

ヒッチコックさんの映画は主人公とヒロインが毎回同じに見えるなぁ。
キャラも似てる。裏窓、めまい、北北西へとの三作では、主人公が共通で未婚、i dont believe in marriage って言ってるし。俳優さん一緒だしね…。

あと、エンディングが急だな〜と感じるのも共通。オープニングが楽しいのも共通。


ストーリーは、始まり方はおもしろいけれど、だんだんだれていった気がする。全体にスポットライトが当たっていて、どこが大事なのかがぼんやりしているような…
もっとメリハリが欲しいと思った。

judyちゃんになって、ジョニーに服と髪型を指定されて困惑するあたりが1番面白かった!自分がかけた人にかけた呪いが返ってきたみたいだな、と思った。

あと、もちろんめまいのシーンは面白かった。突然のアニメーション。ぐるぐる。
タオル
タオルの感想・レビュー
4日
4.0
最高
なにも知らずに、ただみてほしい
>|