saeko

イカとクジラのsaekoのレビュー・感想・評価

イカとクジラ(2005年製作の映画)
3.8
だいぶ前、多分高校生くらいの頃から、ずっと観たいと思い続けてきた作品。近所のツタヤに置いてなかったからしばらく手に取れないままきてしまったけど、最近になって脚本がウェスアンダーソンでなにより主演がジェシーアイゼンバーグだったということを知り、これは観なきゃあかん!と遠くのツタヤまで遠征して借りてきた。
離婚した家庭の話で、作家として才能を発揮しているが浮気がちの母親、作家として泣かず飛ばずながら思想とこだわりの強い父親、そんな父親を尊敬していて影響受けまくりのナイーブな長男、逆に父に反抗心を抱いている思春期まっさかりの次男、誰もまともじゃないんだけど誰も悪くない、それがゆえにすれ違う、そんないびつな家族の形を優しい目線から描いている。衝突を繰り返した最後に辿り着く、ラストシーンが印象的で心に残る。