イカとクジラの作品情報・感想・評価

「イカとクジラ」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.8
映画『イカとクジラ』は、母親の浮気をきっかけに空中分解してしまった家族が、きりきりと音を立ててねじれていく過程を描く。物語は最後まで家族の抱える問題がこじれたままで、根本的に解決するわけではない。

"家族もの"に多く描かれるような、「離婚を通じて夫婦は互いに自分を見直し、反省すべきは反省し、相手に謝るべきことは謝り、そうして夫婦の危機を乗り越え、以前より子どもたちも成長してハッピーエンドを迎えました」という単純なストーリーではないし、「家族は本当に大切な存在なのです」ということを確認するための映画ではない。その意味ではリアリティのある作品。

両親の離婚と家庭の崩壊に息子たちも否応なく巻き込まれ、家族はみな少しずつおかしくなっていく。『イカとクジラ』は、家族が壊れること、それが子どもたちに良くない影響を与えることはこういうことなんだと、物語を見ていて胸が痛くなってしまう一本。

両親は自分のことや相手をなじることに手いっぱいで、子どもたちにちゃんとした愛情を注げていない。反省も後悔もしない。家族の関係はこじれる一方だし、長男も次男も壊れてゆく。

けれどもそこに救いがあるとすれば、物語の最後の長男の行動だ。壊れてしまった家族の中で、長男だけはひょっとしたらこれまでとは違う地平に踏み出していくのではないかと思わせるところがある。そこにかすかな希望、あるいはかすかな希望の可能性がある。
ヒナコ

ヒナコの感想・評価

3.3
台詞の醸す雰囲気が好き
ウェスアンダーソン作品の香りがする
(当たり前だけど)

このレビューはネタバレを含みます



直視できるようになってたんだね。
NozomiE

NozomiEの感想・評価

3.8
「こじらせた」家族の映画。

それぞれの登場人物のイタさが観ていて気恥ずかしいというか、なんというか…。誰しも少なからず経験するような、思春期の葛藤やエディプス・コンプレックス、恋愛の悩みを描いているはずなのに、だいぶこじらせてるし気持ち悪い。繊細さの裏返しだとは思うけれど、気持ち悪い。笑
嫌いじゃないけど。

端々にウェス・アンダーソンらしいなんともいえぬキモさがある。でも、画とか演出は、やっぱり繊細できれいだなって思う。好みは分かれそう
アイゼンバーグ君の演技が光る。やはり天才だ。イカとクジラの博物館いつか行きたい。
両親の抱える問題に振り回されて精神的に歪んで行く息子たちの可哀想さと言ったら…

母親役のどこまでもスレきった感じが絶対こういう大人になりたくないなぁと思ったし、父親の見栄だけ張ってる感じも非常にキツかった。

全体的にキツイ映画
けっこう好きだった。インテリ夫婦つらそうだな、でも、子どもがいて、なんだかんだ育って行くっていうのはそれ自体が尊いことだなとじんわり後から思い返す映画だな
2016 7/15 優しいひとがつくった映画だと思いました。【ネタバレるかも】後半でローラリニーがジェシーに言う「そんなもんよ」が、すべて言い表している気がします。悲劇にも喜劇にも落とせるストーリーですが、どっちにも行かず、なにも美化せず、誰も裁かず(←最重要ポイント)、最後まで本物のふつうをやってのけた作り手の冴えに脱帽します。少年が指の間からみていた「イカとクジラ」を、たぶん我々は現実と呼んでいるのだと思います。
Kate

Kateの感想・評価

3.6
個性を認めるしかないよね、
って映画だと思う。

そうじゃなきゃやってらんない笑
Phill

Phillの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

息子たちがそういう家庭はよくあると雑に納得させられ始まった生活に不安定ながらも妥協しつつしんどさが爆発もせずたまりにたまったフラストレーションとそれぞれのひずみが滲み出た行動に、見ながら遣る瀬無さに頭を抱えてしまった笑

ああいうおじさんは日本によく居るタイプだなぁとか思ったり
>|