「イカとクジラ」に投稿された感想・レビュー

のび
のびの感想・レビュー
2016/08/06
3.8
映画『イカとクジラ』は、母親の浮気をきっかけに空中分解してしまった家族が、きりきりと音を立ててねじれていく過程を描く。物語は最後まで家族の抱える問題がこじれたままで、根本的に解決するわけではない。

"家族もの"に多く描かれるような、「離婚を通じて夫婦は互いに自分を見直し、反省すべきは反省し、相手に謝るべきことは謝り、そうして夫婦の危機を乗り越え、以前より子どもたちも成長してハッピーエンドを迎えました」という単純なストーリーではないし、「家族は本当に大切な存在なのです」ということを確認するための映画ではない。その意味ではリアリティのある作品。

両親の離婚と家庭の崩壊に息子たちも否応なく巻き込まれ、家族はみな少しずつおかしくなっていく。『イカとクジラ』は、家族が壊れること、それが子どもたちに良くない影響を与えることはこういうことなんだと、物語を見ていて胸が痛くなってしまう一本。

両親は自分のことや相手をなじることに手いっぱいで、子どもたちにちゃんとした愛情を注げていない。反省も後悔もしない。家族の関係はこじれる一方だし、長男も次男も壊れてゆく。

けれどもそこに救いがあるとすれば、物語の最後の長男の行動だ。壊れてしまった家族の中で、長男だけはひょっとしたらこれまでとは違う地平に踏み出していくのではないかと思わせるところがある。そこにかすかな希望、あるいはかすかな希望の可能性がある。
Mi
Miの感想・レビュー
3日
2.3
2017.49
kinishiki
kinishikiの感想・レビュー
3日
3.9
欠陥だらけの家族の物語。
「リトルミスサンシャイン」と似てるけど、こっちは全然キラキラしてない。

観てて、なんでそんなこと言っちゃうんだよ!とかイライラモヤモヤする場面もあって、なんか妙なストレスのある映画なんだけど、決して嫌いになれないこの感じはなんだろう。

兄弟いる人あるあるというか、兄弟の中でも父親と母親どっちの肩を持つか分かれる、みたいなのってあるなーと共感して観てた。

父親派のウォルトは父親に植え付けられた教育のせいで、父親みたいな偏屈な嫌なやつになってたわけだけど、ラストそれでも母親との楽しかった思い出を求めてイカとクジラの剥製を見に行くシーンはお洒落でグッときた。

想像よりもドロドロした話で意外だったかも。ジャケットにまどわされた。
nut
nutの感想・レビュー
6日
3.5

子供に大人の世界を見せないことは
果たして正しいのだろうか
愛について考えることは
子どもにだって大事なのだと思う
南極1号
南極1号の感想・レビュー
2017/05/17
3.3
記録
まさゆき
まさゆきの感想・レビュー
2017/05/09
3.0
記録
しの
しのの感想・レビュー
2017/05/08
2.7
記録
Ellie
Ellieの感想・レビュー
2017/05/05
3.5
不器用な夫婦と多感な息子2人。いつも不穏な雰囲気が流れていて、とてもじゃないけど幸せな家庭とはいえない。だけど、なぜか引き込まれて彼らに愛着を感じてしまう。ラストは曖昧なのになぜか味わい深く感じた。
cbtoko
cbtokoの感想・レビュー
2017/05/02
-
この両親のようには絶対になりたくないな。
自分自身も大変なんだろうけど、自分たちの問題が子供に与える影響をもっと考えないと!
恐ろしい…
>|