イカとクジラの作品情報・感想・評価

「イカとクジラ」に投稿された感想・評価

のび

のびの感想・評価

3.8
映画『イカとクジラ』は、母親の浮気をきっかけに空中分解してしまった家族が、きりきりと音を立ててねじれていく過程を描く。物語は最後まで家族の抱える問題がこじれたままで、根本的に解決するわけではない。

"家族もの"に多く描かれるような、「離婚を通じて夫婦は互いに自分を見直し、反省すべきは反省し、相手に謝るべきことは謝り、そうして夫婦の危機を乗り越え、以前より子どもたちも成長してハッピーエンドを迎えました」という単純なストーリーではないし、「家族は本当に大切な存在なのです」ということを確認するための映画ではない。その意味ではリアリティのある作品。

両親の離婚と家庭の崩壊に息子たちも否応なく巻き込まれ、家族はみな少しずつおかしくなっていく。『イカとクジラ』は、家族が壊れること、それが子どもたちに良くない影響を与えることはこういうことなんだと、物語を見ていて胸が痛くなってしまう一本。

両親は自分のことや相手をなじることに手いっぱいで、子どもたちにちゃんとした愛情を注げていない。反省も後悔もしない。家族の関係はこじれる一方だし、長男も次男も壊れてゆく。

けれどもそこに救いがあるとすれば、物語の最後の長男の行動だ。壊れてしまった家族の中で、長男だけはひょっとしたらこれまでとは違う地平に踏み出していくのではないかと思わせるところがある。そこにかすかな希望、あるいはかすかな希望の可能性がある。
yuki

yukiの感想・評価

3.7
すごく良かったことを前提として
滅茶苦茶胸糞悪かった
妙にリアルで
気分悪いところをジリジリ、でも爽やかにずーーっと不快。
何もうまくいかない。
sonozy

sonozyの感想・評価

3.8
不思議なタイトルは、後半に出てくるアメリカ自然博物館に展示されているマッコウクジラとダイオウイカの格闘を模した巨大模型のこと。
ノア・バウムバック監督が高校時代に両親が離婚した体験を描いた自伝的映画なんですね。
文学にたずさわる両親と多感な16歳と12歳の2人の息子。両親の離婚を機に、4人は色々とこじらせていく。
個人主義、オープンマインドによる、両親の強い影響、家族の崩壊・再生、子供の自立...アメリカならではの家族の一例なんだろうなぁと。
全編に流れる曲、エンディングも良かったです。
(Netflix)
Takashi

Takashiの感想・評価

3.7
なんとも奇妙な家族の物語。
別れそうで別れない、何かしら忘れられない思いに執着し、とてもめんどくさい両親。
そこで様々な複雑な感情を抱いていく兄弟。
兄のウォルトは父を心の底から尊敬し、絶対神のように従っていた。でも実はその中身は空っぽ。父が言ったことをそのまま右から左へ言うだけ。盗作までもしてしまう。
弟フランクは、大人びるけど、やはり母を圧倒的に好き。ビールを飲んだり、ウィスキーまでも。そして父のことは大嫌い。
そんな2人が父と母の家を行き来する毎日になり、4人の様々な思いが交差する。
この物語は家族全員に焦点を当ててるけれども、兄のウォルトの生長を描いた作品でもある。
最後の昔小さい頃怖がって泣いていたマッコウクジラとダイオウイカの争いを描いたモニュメントをウォルトがそれ以来に見て終わるというシーンがとても良かった。彼の静かなる成長を描き切ったラストシーンはとても印象的だ。
ericom

ericomの感想・評価

1.0
つまらないヒット映画の冒頭20分を1時間半でやっちゃった感じ。クソつまんなかった
ANAIS

ANAISの感想・評価

3.9
最近観た作品の中で一番印象に残ってる。ウォルターのロビンフッドのくだり、わかるなぁ。そういうの、子供はすごく覚えているし、あの時の言葉に表せない情緒的感覚が自分のアイデンティティの中で重要であることを知っているんだよね。
michika

michikaの感想・評価

3.4
よくできてると思うけどみてて気持ちのいい話ではない、当たり前だけど
夫婦関係に巻き込まれてしまう子供ってみんな成熟していて、子供らしく生きるというよりは、自分は自分で、と生きている印象がある。
それにしてもこの両親はすごく身勝手で、最低なふたり。小さい子供の心を無視するかのように自分勝手に別れたりけんかしたりするのは、やっぱり親としての自覚が圧倒的に足りていない。

こんな親を見て育ったふたりは、子供としてではなく、ひとりの人間として親と接している。だからその間に愛はなかったし、ただ冷静に親を見つめる目は分析をしていたのかもしれない。こんな子供に見られながら生きる親はどれだけ苦しかっただろう。自分の子供のはずなのに、愛をもって接することのできない親。いやあ、最低である。

こどもふたりがこれからどんな人生を歩んでいくのか、とくに次男なんていろいろ目覚めるのが早すぎる坊やなので、祖父母でも誰でもいいから、成熟した大人に育ててもらえたらなあと思う。

本当にストーリーもなく、ただひとつの家庭の離婚を見せるだけなので、眠気があるときは結構しんどい。
Miki

Mikiの感想・評価

3.8
ジェシーの成長
万人受けはしないけどリアルで絶妙な内面の表現が好み
デートの映画にブルーベルベットはちょっとあれだけど私はありかもしれない
>|