幕末太陽傳の作品情報・感想・評価

「幕末太陽傳」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「幕末太陽傳」
1957/7/14公開 日本作品 2017-153
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング8位 再鑑賞

2012年、日活が100周年を迎えることを記念して本作のデジタル修復が行われました。それを鑑賞。
今の北品川にあたる品川宿の遊郭、実際に実在した旅籠が舞台になっています。最初のナレーションで60年前の品川の様子、そして維新前の品川の様子が観られるのも興味深いですね。
作品は60年前のモノクロ作品なのに全く色褪せることもなく、今観ても抜群の面白さがあります。
グランドホテル型式でテンポ良く進むストーリー展開と主人公佐平次(フランキー堺)の活躍でさまざまな登場人物が繋がっていき物語が広がっていく脚本はとても素晴らしいと思います。見事!!
また配役もフランキー堺を主役に、石原裕次郎たちをサブに配してるのも心憎いですね。
本来コメディ作品ですが、人間臭さとリアリティがある素晴らしいドラマに仕上がっているのがここまでファンの方々が多い理由でしょうね。

川島雄三監督の代表作である異色コメディ映画で、実在した遊郭「相模屋」を舞台に起こる様々な出来事をグランドホテル方式という構成で、テンポ良く描いている。60年前の時代劇映画であるにもかかわらず年代を問わず観客の支持を得ており、日本映画史上の名作の一本として数えられる。
AnriKimura

AnriKimuraの感想・評価

4.0
遊郭の方々の言葉遣いグッとくる
フランキー堺憎めねー!白黒だけどコミカルでみやすい
moco67

moco67の感想・評価

4.0
レンタルで観ました。北品川の街並や落語を思い起こしつつ。
MTAK815

MTAK815の感想・評価

3.7
落語知ってればとは思ったけど
知らなくても普通に楽しめます
面白かった◎
さりげなくて、テンポよくて…
掴み所のないエピソードの集積を
なんて巧いこと纏めるんだー

フランキーが胸を患ってるの何の伏線だろ?ってドキドキしてたら、気持ちいいくらいスルー。それすら

やられた~

って、なりました。
時代劇苦手だったけれど、これは良い!
痛快コメディー
C

Cの感想・評価

3.4
時代劇が苦手だからか期待しすぎたからか落語も聞いたことないからかそこまでだった
HACHI1965

HACHI1965の感想・評価

5.0
何度見直してもその面白さと可笑しさは変わらない。日本喜劇映画の大傑作。
物語にはいくつかの落語も上手く練り込まれているためその噺を探すのも面白さのひとつ。
クロ

クロの感想・評価

3.6
★★★☆☆
南田洋子の素晴らしさ!
>|