幕末太陽傳の作品情報・感想・評価

「幕末太陽傳」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「幕末太陽傳」
1957/7/14公開 日本作品 2017-153
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング8位 再鑑賞

2012年、日活が100周年を迎えることを記念して本作のデジタル修復が行われました。それを鑑賞。
今の北品川にあたる品川宿の遊郭、実際に実在した旅籠が舞台になっています。最初のナレーションで60年前の品川の様子、そして維新前の品川の様子が観られるのも興味深いですね。
作品は60年前のモノクロ作品なのに全く色褪せることもなく、今観ても抜群の面白さがあります。
グランドホテル型式でテンポ良く進むストーリー展開と主人公佐平次(フランキー堺)の活躍でさまざまな登場人物が繋がっていき物語が広がっていく脚本はとても素晴らしいと思います。見事!!
また配役もフランキー堺を主役に、石原裕次郎たちをサブに配してるのも心憎いですね。
本来コメディ作品ですが、人間臭さとリアリティがある素晴らしいドラマに仕上がっているのがここまでファンの方々が多い理由でしょうね。

川島雄三監督の代表作である異色コメディ映画で、実在した遊郭「相模屋」を舞台に起こる様々な出来事をグランドホテル方式という構成で、テンポ良く描いている。60年前の時代劇映画であるにもかかわらず年代を問わず観客の支持を得ており、日本映画史上の名作の一本として数えられる。
kere

kereの感想・評価

-
たのしかったー
自分が時代劇とかが苦手なのは何よりも聞き取り辛いのと古語(?)の意味が分からん所にある。ましてや字幕なしで「テヤンでい!」と言われれば、もう厳しいのである。

一番期待していたジャケットの色彩何処へやら、全編白黒。
かどうかも分からずリタイア。
鑑賞時間25分。


こういう古い言葉の映画を楽しめる良い案でもあれば教えてくんなまし。
tsuru

tsuruの感想・評価

5.0
音楽とテンポがよくてフランス映画のようでした。居残り佐平次でいのさん。花魁が廊下を走り回るところが好き。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

3.5
名画座にて念願の鑑賞。いやカッコいい、気持ちいい。カオスっぽいのに混乱しない。フランキー堺が色男に見えるのも騙されてる気はしない。言語化して表せるような明確な教訓はないけれど、何か得た、直接身体に届く栄養のようなもの。
日本映画ってこんなにハイレベルだったの?!と驚きの名作でした。
何回目の鑑賞になるだろうか。
特別好きな映画、というわけでもないのに繰り返し観て(しかも劇場で)
新しい発見があるというのは、やはり佳い映画の証拠なのでしょう。
初めは、さっぱり何処が良いのかわからなかったのですが、
落語に興味をもつと、いくつかの噺で成り立っているのが解り、
楽しめるようになりました。
とくにラストにつながる「お見立て」の件が好き。
高杉晋作はイノさんに肺病うつされたのかなぁ。
げん

げんの感想・評価

-
ラストシーンでフランキー堺がセットの外まで駆け抜けていくシーンを監督が考えていて、周りのスタッフから猛反対にあってセット内、になったわけだけど、

幕末の舞台の外に出て現代の風景に掛けていくフランキー堺も見たかったな。
Yasu

Yasuの感想・評価

4.0
フランキー堺が本当に良い。
小気味好く観れて気持ちいい。
確かにカラーでも観たくなる。でも、モノクロだからこその味がある。不思議。

惜しむらくは所々何言ってるかわからないところ。字幕欲しい。
バラいろダンディで紹介されて初めて知ったタイトルです

有名落語の詰め合わせみたいな作品でした。
しかし往年の俳優方は美形ですなぁ
岡田眞澄さんなんて美形すぎてビビる

デジタルリマスターしてありましたが
是非カラーで観たいなぁー
ジャケットみたいに極彩色なんだろうなぁ
直すの大変そうだろうけどw

元ネタの落語知ってる方が面白いかな
言葉遣いが古いので時代劇をあまり観ない人は何言ってるかわかんないかも?
>|