幕末太陽傳の作品情報・感想・評価

「幕末太陽傳」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「幕末太陽傳」
1957/7/14公開 日本作品 2017-153
TSUTAYA CINEMA Handbook 2016
1960年代以前ランキング8位 再鑑賞

2012年、日活が100周年を迎えることを記念して本作のデジタル修復が行われました。それを鑑賞。
今の北品川にあたる品川宿の遊郭、実際に実在した旅籠が舞台になっています。最初のナレーションで60年前の品川の様子、そして維新前の品川の様子が観られるのも興味深いですね。
作品は60年前のモノクロ作品なのに全く色褪せることもなく、今観ても抜群の面白さがあります。
グランドホテル型式でテンポ良く進むストーリー展開と主人公佐平次(フランキー堺)の活躍でさまざまな登場人物が繋がっていき物語が広がっていく脚本はとても素晴らしいと思います。見事!!
また配役もフランキー堺を主役に、石原裕次郎たちをサブに配してるのも心憎いですね。
本来コメディ作品ですが、人間臭さとリアリティがある素晴らしいドラマに仕上がっているのがここまでファンの方々が多い理由でしょうね。

川島雄三監督の代表作である異色コメディ映画で、実在した遊郭「相模屋」を舞台に起こる様々な出来事をグランドホテル方式という構成で、テンポ良く描いている。60年前の時代劇映画であるにもかかわらず年代を問わず観客の支持を得ており、日本映画史上の名作の一本として数えられる。
くら

くらの感想・評価

-
愉快痛快!
Zurich

Zurichの感想・評価

4.0
幕末の品川の遊郭で、意図的に無銭飲食し、そのまま遊郭に居ついた妙な男の話。最初は胡散くさがられ、煙たがられていた彼が、絶妙の頭のキレを武器に、遊郭の主人をはじめ、いつの間にやら周囲から頼りにされるようになる(劇中でも、自分の頭脳を自負するセリフあり)。しかし、彼の真の目的が何なのか、がだんだんわかってくると、彼の明るさ、軽妙な言動がかえって、非常に寂しく、悲しいものだということがわかる。劇中にさりげなく、しかし明確に意図的に散りばめられた「縁起の悪いもの(茶碗のご飯に箸を突き立てる、履物の鼻緒が切れる、墓場で転ぶ、など)」も、彼の行動理由の暗喩となっている。

昔の日本の女優は、「オトナ」な人が多くて素晴らしい(最近の「カワイイ」人達に興味なし)。今作も、左幸子と南田洋子が素晴らしい。特に左幸子。独特の声とともに、強烈な存在感。

惜しむらくは、昔の邦画全般に言えるのだが、録音が悪くてセリフが聞き取りにくいところ。しばらく前にデジタルリマスター版が出たが、買いなおそうか・・・。
これぞ喜劇。縦の構図にフランキー堺の身体が躍動する。
rio

rioの感想・評価

3.0
モロに、って当時からあった言葉なんですね。字幕付きがおすすめ。
maro

maroの感想・評価

3.5
落語好きなら必見。個人的には一つ一つのエピソード間にもっと繋がりが合った方が良かったかな。
フランキー堺の惚けた感じが良く映画の雰囲気とよくあっています。
Newman

Newmanの感想・評価

3.5
朝井かまてさんが、週刊現代の中で一番好きな映画にしているのと皆さんの評価の高さにつられて観ました。そんなに凄い映画?というのがまず最初の印象でした。何でも上手に解決してしまう主人公には感心しました。大好きな人は終わりの場面はあれだからいいんだといいそうですが、私には、じゃそれまでは一体どうなっちゃうんだと思いましたし。言葉が速すぎて追いついて行けないところがあったので、字幕付きでもう一度観てみることにします。
lag

lagの感想・評価

3.8
時は文久二年(1862年)、舞台は品川遊郭赤線地帯。グランドホテル方式と呼ばれる偶像劇、というか喜劇。制作は1957年、日活、太陽族映画流行ってた頃。配役の順はあるが全員主役もしくは主役無しの様々な人間模様。軽快で陽気、楽しい映画。

100周年記念デジタル復刻版を視聴。
>|