ワンダーよにだ

もしも昨日が選べたらのワンダーよにだのレビュー・感想・評価

もしも昨日が選べたら(2006年製作の映画)
3.0
アダムサンドラーのSFコメディ。

なぜか俳優収入ランキングで毎年上位にいる彼のまぁまぁ評価の良い今作。
(わたしは好きになれない俳優なんだよなぁ。主に顔が。)


家族4人で暮らす主人公が、ホームセンターにいる胡散臭い博士からなんでも操作できるリモコンを貰ってから人生が変わる。。。というお話。

なんでも操作出来るといっても、基本的に嫌なことを早送りするのが主な機能なんだけど、

知ってる。。。
知ってるぞこの話。


( (̵̵́ ̐̑͟˚̩̭ ̐̑)̵̵̀⸝o̗ <まんまドラえもんじゃないか!!


ドラえもんになんでもスキップする事ができるボタンを貰ったのび太は、クリスマスのプレゼントで欲しいものを貰うためにどんどん次の年のクリスマスに飛んでいって、いつの間にかプレゼントを貰えない大人になっちゃったって話がある。
(のび太のクリスマスプレゼントは毎年ドリルか辞書)


この映画もそんな感じの話。


この映画を見て、
毎日を大切にしよう(ノД`)・゜・。
なんて感動するようなことはなく、そんな自分にがっかりしたけど、見て時間を無駄にしたぁ〜!とは思わない程度には楽しめた。

でもなぁ、オチがなぁ。。。
それはないだろうって感じのオチなのが不満。


(´-`).。oO(娘役のテイタムマッキャンちゃんが相変わらずかわいい。
わたしの大好きな「君がぼくを見つけた日」でもかわいい娘役やってんだけど、かわいい。
)