ジョン・カーターの作品情報・感想・評価

「ジョン・カーター」に投稿された感想・評価

そういわれるほど悪くなかったお
(๑・̑◡・̑๑)
ただ脳出血以前に観たので、だいぶ忘れとる(笑)
ジョンカーターにウィレムデフォー出てたのがなんとなし記憶には残ってる
(๑>◡<๑)
以前観た時は、途中で脱落…笑
しかし今回は観れました!!笑


それはなぜか…自身を振り返る__。


以前観た時は、ディズニー記念なんちゃら作品という情報が、観る上での心持ちに大きな影響を及ぼしていた。観る前からつまらないだろうという予感しかしなくて、決めつけていた自分がいた。実際、出てくる色んな物のデザインが好きになれず、視覚的な要素が自分には合わなかった。何か世界観に説得力を求めてしまった自分がいた。せっかく、SFアクション映画のおもてなしを受けているのに、残念な気持ちしか湧いてこなかった。


この映画に心を閉ざしていた自分がいたことは否めない。


あれから6年__。


テイラーキッチュ主演作であるため再鑑賞。
前回の途中脱落から学んだこと。
それは、何も考えずに観るということ。
与えられた演出を喜んで受けるという、
受容の心を持つということ。


オープンマイハート。


そうして観たら、面白かった。


映像とか、お金かけてそうだなぁという感じでしたね 笑

あと、テイラーキッチュが一瞬、あの青いアバターになります 笑

あんなにぴょーんと跳ぶことができたら爽快そう 笑
でも総合的に考えてバルスームには住みたくない。やっぱりジャスーム人で良かったと思う今日この頃。


それなりに楽しめたけれど、…でも…正直この映画を観た後、無性にルーカス監督のスターウォーズシリーズを観たくなってしまった、、、🤦‍♀️笑


テイラーキッチュは☆5✨
ウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品。

↑ということで、余程気合いが入ってるはずなのにクソつまらんとの酷評を多く目にしていた作品。

クソつまらなかったです。

「スター・ウォーズ」と「アバター」を足して二で割ったB級SFアドベンチャー映画と言ったところでしょうか。

金かかってることは分かるけど、なんかワクワクしない。主要キャラクターに対して面白いほど愛着が湧かない。

更に火星の住人やクリーチャーも気味が悪く、とても好きになれない。

金だけは有り余ってるディズニーが生み出した負の遺産。
papapaisen

papapaisenの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

別にきらいな話ではない 金すんげぇかかってそうやし、いかにもディズニーな感じ
まぁ話が長すぎかな、ちょっとたらたらしてるし
あの犬みたいなんのスピードにわろた
監督の演出が悪いんかなぁ〜
サーン族が意味不明すぎた
栗花落

栗花落の感想・評価

5.0
すっごく好き!
Tommy

Tommyの感想・評価

2.6
ごちゃごちゃ


映像綺麗だけど
ごちゃごちゃごちゃごちゃ
タカ

タカの感想・評価

3.2
記録(過去分)
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
マッチョ版スターウォーズといった感じか。3つの勢力が入り乱れるストーリーがわかりにくいのが難。

ただ、人間が重力の小さい火星に行って超人的な跳躍力を見せるという設定は目新しく感心。彼が火星で英雄になるという展開のリアリティを補強しています。
青猫

青猫の感想・評価

3.6
火星に迷い込んだジョン・カーターと、そこで対立する部族同士の争いをめぐる話。莫大な制作費をかけたと言われるディズニー映画。アンドリュー・スタントン監督。原作はエドガー・ライス・バローズ「火星のプリンセス」。

133分で最後の最後まで詰め込みまくった脚本。そして詰め込みまくったけれど、削ったシーンも結構あったんじゃないかな?説明不足の脚本を演出の勢いで押して成立させた印象。ウーラがかわいい。

個人的に、無理やり結婚させられる女性を救う話や飛行艇のシーンは「ファイナルファンタジーX」と近いと思う。この手のSF映画としては「スターウォーズ」と比べるとやっぱり弱いかな...。

作品全体通しての世界観はよかったです。続編が作れる感じの終わり方ではあるのですが、ないのかな?
>|