ジョン・カーターの作品情報・感想・評価

「ジョン・カーター」に投稿された感想・評価

Keisuke

Keisukeの感想・評価

-
サーク族がいい
ウーラはもっといい

ジョン・カーターって名前が...
面白いじゃん!何で大コケ?続編観てぇよ!キャラデザ悪すぎるから?
異種の絆、恋愛、アクションが混じっていてどうしてこの映画が有名じゃないのか不思議だった。

あと、種族の秩序を保つために子どもをランダムに選ぶていう思想が納得できた。
平和を保つ方法
HAL2016

HAL2016の感想・評価

3.8
評判と違い全然悪くなくてキャラクターも可愛かったし、小道具や美術系が素晴らしくよく出来てました。
Catman

Catmanの感想・評価

4.0
ディズニーが莫大な予算を投入して製作した鳴り物入りの超大作。なのに盛大にコケた世紀の失敗作。ただそれらの情報を無視すれば、オールドファッションなSFファンダジーを映像化した文句無しに楽しめる一級品の娯楽作で、私は断固支持します。ウィレム・デフォーらが演じるCGキャラ、サーク族の造形が良い。やけに評判の良くないヒロインも私は好きです。フランク・フラゼッタが描く様なプリンセスをイメージしているんだと思うな。カッコイイです。日差しが強い荒野で繰り広げられる埃っぽいアクションの映像も良い。

バルスームは最後までバスルームに空目してしまう
ラスト10分がなかなか良いゾ
青い血が綺麗
映像も世界観もいいんだけど、何だかドキドキ・ワクワクさせられなかった。
冒険しんてんのが少年じゃなく、おっさんだからだろうか。愛する人がいるとはいえ、あんな荒野だらけの世界を選ぶかね~。地球のがいいじゃん。
MAOW

MAOWの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ジョン・カーター

70点

2012/09/30

『John Carter』

監督:アンドリュー・スタントン




意外とよかったw
ちょっと中だるみってか、長過ぎな気もしたけど、
でも全体的に見ればまぁ出来た話だったし、

何にしても、回想パターンの映画で、その「回想」って効果がしっかり活きてる作りになってたのに感心した。

ラストでグンと点数あげて、最後にスッキリさせてくれたからなお最高w



あと、登場人物たちがみんな愛すべきバカって感じで憎めないw

ジョンは結構ドジするし、サーク族と共にゾダンガに押しかけたら、場所違ってて頭叩かれるシーンワロタw
でも、あの一人で大勢と戦いながら家族の埋葬シーン重ねるところ、壮絶だね。
すげーグッときた。

あと、ゾダンガのボスもすげー強いくせに、絶えず「ねえ、本当にこれで大丈夫なの?」って不安そうな感じで、サーンに言いくるめられてるところに萌えたw
それと、この人は、本当にヘリウム王女が好きになって、最後はちょっとだけヘリウム側助けて死ぬ、とかのほうがよかったな、個人的に。

で、サーク族の新しいボスは瞬殺だし、元ボスの娘は言わずもがなのドジっ娘w

サーンも、なんかフラっと地球に来て、サラッとジョンに打ち殺されてワロタw

あと、犬が可愛いwデブのくせに走るの速いしw



それはそうと、この映画作るのはかなり大変だったみたいで。
最初はアニメ映画にする予定で、それがダメになって
次にディズニーで実写映画化しようとしたけど、CGとかの技術が追い付いてなくて、ディズニーの映画部門の責任者で、後に脱退してDreamWorks立ち上げたジェフリー・カッツェンバーグが頑張ったりしたけど、もう映画化の権利返還しなくちゃいけなくなったり、
次はロドリゲスが映画化しようとしたけど、『シン・シティ』のクレジットにフランク・ミラーの名前を載せるために、全米監督協会を脱退してたせいで不可能になり、
その後はジョン・ファヴローが監督する予定となったけど、これも頓挫。

そして今回やっと映画化ですよw
いやー、長かったんですねw


まぁそんな感じで、紆余曲折を経ながらドジな奴らの繰り広げる冒険ファンタジー、オススメです!w


てか、元ボスの動きはウィレムデフォーがやってたのか!あの人ならそのまま映画に出てきてもエイリアン役が出来(ry



参考までに。
Rotten Tomatoesでは202件のレビュー中支持率50%であった。
Metacriticでは42件のレビューで加重平均値51/100となった。
>|