ktr

シャイニングのktrのレビュー・感想・評価

シャイニング(1980年製作の映画)
3.9
古い映画ながらも中々に怖い作品でした。過度のストレスと悪霊によって正気を失ったジャックは飢えた野生の狼そのもの。庭の迷路を見下ろすシーンで脱出不可能感を与えるなど暗喩表現が沢山あってよかった。

題名通り光を上手く使っていて、一点透視図法の構図やカメラワークも見ていて面白い。
色彩に関しては怒り・野蛮・争いを連想させる赤を象徴的に使っていた。例えば狂乱時のトイレや服は赤色でしたね。
ただ一つ気になったのが不安を煽るシーンの尺が長すぎて逆に緊張感が薄れてしまいました。
題名の意味を考えながら鑑賞したのですが、人間に潜む野蛮性、凶暴性をシャイニングが照らし出したのかな?というのが今の答えです。