kirito

シャイニングのkiritoのレビュー・感想・評価

シャイニング(1980年製作の映画)
3.8
【スタンリーキューブリック観てないとかw】


ってよく鼻で笑われませんか?

(先生、よく言われます。)

はい、聞こえましたよ!! 皆さんの心の声が!!

やだ。このアプリ、こわいわ[壁]_・)チラッ



まあ、言われ続けるのもなんなので、そろそろ重い腰を上げますか。

と勇んでレンタルショップへGO(*゚▽゚*)

でも1件目はキューブリック作品置いてなかったので、2件目へ☆



いや。一番はじめは、あのおっさんの顔の「シャイニング」って決めてるからっw



と、探し始めたのはいいんですけど…

ドラマコーナーもないし、サスペンスのコーナーにも置いてない。

いや、あれアクションではないでしょw



そして、数分後kiritoは思わぬところで今作を発見する。





【ホラー】

ふぁw

ホラーとかクソワロw

これホラーのジャンルだったのかw



いや、ホラーとか最近観てないわw

一時期結構潰したよ?

まあ、最近見てなかったし、これにしよう!!





…ここからレビュー…

意味わからなすぎワロリンヌw

これが有名なスタンリーキューブリック印の

【おらおら、わからないだろ?そういう映画なんだよ(ドヤッ】

なやつですね!



あらすじとしては、主人公が先生をやめて雪山のホテルの管理人で金を稼ぎながら作家として仕事するけど、頭おかしくなって奥さんと息子を襲う話です。


この息子さん。可愛いけどおかしい。
口の中にはトニーっていうやつが住んでるらしい。
なにその不気味な設定w
でも指でトニーが喋ってるのをみると微笑ましい(^ ^)



で、結論から言うと全く怖くない。

ホラーとしてみるとこれ面白くないですね(´・_・`)

怖さというより『不気味さ』なんでしょうね?


私なんかが分析するのはどうかと思いますが、この監督さん音の使い方が上手いですね。
よく流れる不協和音もそうですが、やっぱり注目したいのは廊下を三輪車で走る男の子のシーン。

カーペットの敷いてあるところとないところで音の出方が変わるのを上手く利用し、あの長い廊下になにかあるのでは?という警戒心を上手く引き立てます。


突然幼女がでてきたり、不気味な237号室だったり、このホテルには何かある( ゚д゚)
ってのがわかります。

(ところで、この幼女最初可愛いかなと思ったけどアップになるとそうでもない(´・_・`)。残念である。もっと可愛い子いなかったのかな。)



とりあえずフォースではなく何かに覚醒してからの主人公、奥さんの顔が凄い!

もう必見よ!

奥さんなんて覚醒前から怖いのに覚醒後とか狂気w


あとジャックニコルソン。
この人顔芸凄いね笑
後半の奥さんとやりとりするシーンたぶん恐怖すべきシーンなんだろうけど吹き出したわw
カッコーの巣の上でもインパクトあったけどこちらもなかなか!

(でも、髪かき上げるとハゲるからやめたほうがいいよ!)


あと『シャイニング』ほとんど意味無くてワロタw
もっと画期的に使えないのかな?


そして、ジャケットの写真がどこのシーンなのかも必見ですよ!

あとこの息子は優秀です。


ネタバレになるのであとはコメント欄で☆



キューブリック作品は観てないとバカにされるので、まだの方はこの機会に観てみましょう♪(´ε` )

やはり名匠ですからね!

でも、マジで意味わからなすぎて笑えますよw



※ロッキー6観て直後にこれ見たので脳内でロッキーのテーマと不協和音が重なってよくわからない現象にw

2015.12.22