ケムール人

シャイニングのケムール人のレビュー・感想・評価

シャイニング(1980年製作の映画)
4.2
スタンリー・キューブリック監督が描いた正統派ホラー映画。『レディ・プレーヤーワン』でも物語の鍵として引用されてるあたりから、スピルバーグにも影響を与えたであろう名作。

展開としては、普通にホラー映画ではあるが、本作が他のホラー作品と異なるのは技術点の高さにあると思う。キューブリックの技術によってここまでホラー映画がブラッシュアップされるのだと感心。雪の白を作品全体の基調としながらも、後半に進むにつれて色のトーンが徐々に暗くなっていく。画面全体の寒さが増していき、不安感を増幅させている。また、ワイドレンズを使用することで通常よりも動きが大きく見えるようになり、後半の展開がよりダイナミックで恐ろしいものになっている。穏やかで平和的だった家族関係が狂っていく過程にぴったりな画面構成、色調設定、カメラワークだと感じる。

そして夫妻役二人の演技はこの上ない。ジャック・ニコルソンの狂気に囚われたあの感じ。どちらが夢なのか、判別がつかなくなり、「しつけ」に夢中になっていくさま。本当に頭がおかしくなっているようだった。シェリー・デュバルに関しては何と言っても終盤の恐怖シーンに尽きる。このシーンは、キューブリックがOKテイクを全く出さず、本当にシェリー・デュバルが狂っていくさまをカメラに収めたらしい。

本作の原作はスティーブン・キングがまだ小説家として売れていなかった時に、自分が狂ってまさにジャック・トランスのようになるのではないか、という不安を基にして書かれたものであるらしい。スティーブン・キング自身は映画版を気に入っていないようだが、個人的にはその不安や恐怖はしっかり出ていたと感じる。原作の小説を読んでないからそう感じるのかもしれないが。