くぅー

シャイニングのくぅーのレビュー・感想・評価

シャイニング(1980年製作の映画)
3.9
Oh!My REDRUM !!

続編の『ドクター・スリープ』が公開されるとのことで、久ーしぶりの再鑑賞で・・・やはり背筋が冷たくなりましたね。

ロッキー山脈の麓にある老舗の展望台ホテル・・・豪雪地ゆえに冬期だけ閉鎖し、その間の管理人として、とある小説家の三人家族が住み込むのだが、そこでの惨劇を描く。

実は本作は同じ頃に公開された『オーメン』や『サスペリア』等と比べたら、さほど怖くはないし、あのホテルには幽霊の出る曰く付きなのだが、そんな説明もなく・・・そもそもタイトルのシャイニングという能力も今一つ分からずじまい。

しかし、人の居ないホテルの奥行きのある恐怖感を、絶妙な色彩や鏡等で巧みに作り出し、違和感を煽りまくる音楽も効果的で・・・増殖されていく不気味さは半端なく、ショッキングなホラーが苦手な自分としてはこれぐらいで充分。

そう、改めて見ると、あの雪の迷路もなかなか怖くて、なるほどなぁと思った。

そして、あのラストの写真はいろんな解釈ができるのだが、はたして。

キャストでは、ジャック・ニコルソンの狂演は言わずもがな・・・シェリー・デュヴァルの熱演と、唯一の出演作となった子役も巧い。

そんな訳で、ダニーのその後を描く『ドクター・スリープ』では、ついにシャイニングの能力が明かされるのか・・・楽しみですね。