MasaruOnuma

河童のクゥと夏休みのMasaruOnumaのレビュー・感想・評価

河童のクゥと夏休み(2007年製作の映画)
4.0
決してただの子ども向け映画ではありません。それは映画が始まってすぐに提示されます。ここまでするなら、こっちも気合を入れて観ないとという気にさせられます。
マスコミなど報道の在り方、学校でのいじめ、浮気、離婚など斬り込む所は徹底的に斬り込んでます。

ほとんどの人間が悪者として描かれる中で、主人公一家の素晴らしいこと。こういちの友達の女の子、菊池の存在。
人間も悪い人達ばかりじゃない、この人達のようにあるべきだと教えられる映画でした。

原恵一監督、やっぱり最高です。