回想シーンでご飯3杯いける

スウィンガーズの回想シーンでご飯3杯いけるのレビュー・感想・評価

スウィンガーズ(1996年製作の映画)
3.2
脚本、主演がジョン・ファブロー。ジョン・ファブローって誰だけ? あ、そうだ「アイアンマン」シリーズの監督で、ハッピー役で役者としても出演している、あの人だ。そんな彼の脚本、俳優としてのデビュー作が、この「スウィンガーズ」。

'96年の作品で、まだまだ'80年代の華やかな雰囲気が残る、青春&ラブ・コメディーといった趣き。ストーリーも荒削りだし、今の目線で見ると登場する若者の行動が無軌道過ぎる気がしないでもないけど、、、でも、これこそアメリカの青春映画でしか出せない味だと思う。

失恋したコメディアンを励ます悪友達との友情と、行き当たりばったりの夜遊び。今では映画で描かれる事もなくなった留守番電話でのやりとりも味わい深い。

マーベル映画は1日にして成らず。アメリカ映画の長い歴史の中で脈々と築かれてきたノウハウがあってこそのエンターテインメントなのだと思う。そんな歴史の1ページを知る意味でも、見て損の無い作品だと思う。