しま

ホビット 決戦のゆくえのしまのレビュー・感想・評価

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)
-
エクステンデッドエディションを見たので改めて。
ホビットシリーズは(LotRも)超巨大規模の愛好家による映画みたいな感じで、好きで好きでって人が作ってるのがありありとわかる。関係者がよくエキストラで映るし(笑)
その分偏りやアラも見えるんだけど、私はその「好きで好きで」って中に入り込んでしまったので、まったくアラは気にならず、このシリーズを心から楽しんだし、ずっとずっと大好きな作品

争いのシーンが多いけど、中心にホビットがいるし、ビルボの場面はどれも優しさを感じられるね。ビヨルンの庭のどんぐりやアーケン石をスランドゥイルに持っていくところも、別れの場面もホビットらしくてホッとする。ビルボはマーティン・フリーマンしか考えられないようなベストな配役だったな〜
ホビット庄のシーンがいつも一番好き。
優しくて楽天家なホビットがいたからこの話が
争いだけの話じゃなくなったんだと思う

主役級の人たちも誰も彼も素晴らしくて大好きだったけど、今回のシリーズで出色のキャラはやっぱりスランドゥイル様でしたわ〜
いかにもな王様っぽさ、頭も悪くなく、本質を見抜く頭脳も持ちながら、それ以上に自己中でナルシストというね!
あの傲慢で尊大な感じがたまらなくよかったわ〜

リーペイスは体格も良くて立ち姿が美しい分、スランドゥイル様っぽさが際立ってたしね!!
スランドゥイル様だけのPVとか見たいわ(笑)

エクステンデッドの追加シーンはPJ監督の好きそうなお遊び満載な戦闘シーンで笑ってしまうわ
楽しい楽しい映画だった。ありがとう