けんぞー

エリン・ブロコビッチのけんぞーのレビュー・感想・評価

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)
4.5
アメリカ史上最高額の和解金を勝ち取った女性 というキャッチコピーにひかれ鑑賞。

これは秀作!しかも実話ということで観た後にきっとネットで調べたくなること間違いなし!
映画は2時間弱とちょっと長めだが和解に至るまでのコツコツとした地道な努力が報われるのを観たくなり最後まで飽きずに観れた。
エリンの奮闘ぶりを見ていると、頑張れ~~と思わず口にしてしまう!
エリンは学歴もないし口も悪いけど、原告達に対する熱心さは素晴らしい。
途中で別の法律事務所と手を組むが、この事務所の秘書みたいな女がまぁムカつく。顔からしてムカつく。これはナイスキャスティングと言わざるを得ない。。
その女がエリンの集めた資料にケチつけた時のエリンの反撃がものすごくスカッとした。
住民1人1人と真摯に向き合って話してきたエリンだからこそ住民達もその姿勢にすごく信頼を置いていたんだと思う。

そして、ジュリアロバーツ。。
彼女の出演作の中で一番好きな役だった。
クールビューティーな役が多い印象だったけど今回はバツ2子持ちのシングルマザー。しかも超絶口が悪いw
けれどそのギャップがよかった。『インサイドルーウィンデイヴィス』のキャリーマリガンも好きだったから、ものすごく口が悪い美人は割と好きなのかもしれない。。笑



『私は無学だけど、善と悪の区別ぐらいつくわ』