abdm

CURE キュアのabdmのレビュー・感想・評価

CURE キュア(1997年製作の映画)
4.0
人間皆理性という名の皮をめくれば暴力的で野蛮。みんなそう。歴史がそう語ってる。
今作のそれが一番象徴されるシーンがクリーニング屋へ行った時。
店員さんにも丁寧で身なりも一見しっかりした白髪混じりのサラリーマンが一人でいる時の吐露がまた怖い。

この世で起きてる殺人事件で「まさかあの人があんなことをするなんて!」や「普段は物凄く腰が低くて丁寧なのに」は全てcure!!

終わり方も素晴らしい!
黒沢清の中で王道ながら一番好きな作品。