Kinakosan

CURE キュアのKinakosanのレビュー・感想・評価

CURE キュア(1997年製作の映画)
3.8
ずーっと不穏な感じがヒタヒタと、淡々と。現実なのか、妄想なのか、事実なのか、そうじゃないのかだんだんわからなくなってきて、最後も?!って感じでした。

すごく怖い。理由がないのは、一番怖い。何か強い恨みがあるとか、そうせざるを得ない事情があるとか、結果どうなるにせよ、それに至る動機があるはずと思っているけど、、、。潜在的なものが引き出されているとしても、訳のわからなさが、とても不快です。

本当に途中から、何がまともなのかわからなくなります。それがこの作品のすごいところなのかもしれません。