うだぴー

CURE キュアのうだぴーのネタバレレビュー・内容・結末

CURE キュア(1997年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

この映画…後味がなんともいえない。
この監督の作品も初鑑賞。途中何度も観るのやめようと思いながら最後まで目が離せない。萩原聖人の気怠い話し方、こっちまで催眠術にかかりそうになった。人によって受け取り方が違うだろうけどこの作品観た人と語りたい。人間の闇の部分。善人も紙一重で殺人者となる。ちなみに高部はいつ催眠術にかかったのか?1人で行った間宮の自宅?取り調べ中?なんの気なしに見たり話したりしていても催眠術にかかっちゃうっていろんな意味で怖すぎる。火、点滅、水。廃墟の精神病院。
ところどころ夢か現実なのかわからない。が、それがこの作品を引き立てているひとつなのだろう