CURE キュアの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「CURE キュア」に投稿された感想・評価

本多

本多の感想・評価

4.8
検索しちゃいけないサイト開いちゃった時みたいな不気味さが漂ってるなー
shinshin

shinshinの感想・評価

3.9
怖い!!
得体の知れない恐怖…

一種の催眠術のようなものか、
気づけば犯人を殺してもなお狂気の
掌の上で踊っている…

最後のファミレスの演出、先が読めたけど怖かった~
かなり昔に見ましたが、ほとんど覚えてなかったので再見です(^_^;
こんなにも不気味な映画だとは思いませんでした。役所広司さんも萩原聖人さんも好きな役者さんなのでとても楽しめました。でも、映画自体は怖いです!
f

fの感想・評価

4.0
理路整然としない恐怖感というか、なんとも不気味な映画だった。チラ見せのゴア描写は効果的だけど、それ以上に見せない場面(心の闇と人間の本質)が匠です。普通に幸せそうな夫婦だけど何があったんだろう?と嫌な妄想が膨らんで怖い。それに無自覚の殺人鬼は法的に裁けないので社会の常識も通用しない。貴方が神か。怖い。役所広司の顛末が本当のcureなら救いようのない話でつらたん。
思い返すとゾッとするから結構尾を引くホラーだな。うーん、頭がおかしくなりそう。つらたん
mtkinoko

mtkinokoの感想・評価

4.4
鑑賞後、ふと気づくと自分の部屋の壁に大きくXと描かれていたら…僕は多分狂ってしまうであろう。チャカポコ。
3

3の感想・評価

3.7
この映画の一番怖いところは、ラストシーンでもなく、「殺人鬼に知的障害負わせたら社会的制裁も下らないし最強じゃね?」という悪魔の発想ができるところにあります。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.7
不気味さと邦画特有の湿っぽさがうまく絡み合っている。役所広司より萩原聖人の演技の方が不気味で話が噛み合わない感じがよく出ていて殺人より怖い。Xの演出や繰り返される暗示のような部分も作品全体の空気感を作り上げるのに一役かっている。脇役だと佐久間がいい。
え

えの感想・評価

3.8
クリーピーと同じタイプの不気味さだった
成立するかしないかの不自然な会話と狂気の侵食
こっちの方がゾッとした
やまう

やまうの感想・評価

4.4
潜在化している憎悪の解放によって静謐な癒しを与える業の伝道劇。

日常的な光景と異様な光景の塩梅が良すぎて単純な演出にも思えるバス車内がすげー怖い。
Gaijin

Gaijinの感想・評価

4.8
驚くばかり!警官は、検出不能な殺人犯を調査します。私たちは、催眠療法が魂を奪うという魅惑的なアイデアを巡って、本物の境界線を越えて、精神分析的でほとんどファンタスティックな宇宙に自分自身を見つけます。ヒーローの方程式は次のようになります:彼が同じように非合理になることに同意するまで、強力な殺人者の道は彼には不可解なままです。それは再発見されなければならない恐ろしい幻想的なスリラーであり、黒沢清はこの種の絶対的な巨匠の一人です。