シゲキテオレマ

プリティ・ベビーのシゲキテオレマのレビュー・感想・評価

プリティ・ベビー(1978年製作の映画)
3.9
『好奇心』ほどあっけらかんとしたハッピーエンドでは無いものの、題材の割に朗らかな場面が目立つ作品。近親相姦や少女娼婦を描いてもほとんど暗くならないルイ・マルの作風、映像スタイル云々よりもテーマを扱う感覚が特異だと思った。
キース・キャラダインにジャケ写の写真撮ってもらうシーンで、トカゲを捕まえようと動いたら怒られて不貞腐れるとこが超キュート。わざと帽子目深に被って目見えないんだけど。あと、ラストのいまいち納得いってない顔。