妖怪大戦争の作品情報・感想・評価

「妖怪大戦争」に投稿された感想・評価

悪ふざけと大真面目の境界を渡り歩きながらも、ケレン味は凄まじいので結構観れてしまう。妖怪が大量に出てくるのでタイトル負けしてないし、「怪」メンバー監修&出演の安心感も。特撮部分も面白いけど、とにかく神木くんが可愛くて「おぉ」って言うの萌えしぬ。

清志郎のぬらりひょんなどキャストもかなり変。子供向けと言えばそうだけど、深いものを読み取ろうと思えばまあできるし、そこはかとなくエロスが漂ってたりもするので油断ならない。監督が三池崇史なことを思えば『極道大戦争』はこの系譜なのかもなー。それにしても神木きゅんがかわいすぎる。
メガネ

メガネの感想・評価

3.4
神木くん若し。
グシ

グシの感想・評価

1.5
あずき
くー

くーの感想・評価

2.8
神木くんがかわいい。
RRR

RRRの感想・評価

3.0
記録
めちゃくちゃ懐かしいなこれ
面白い❗妖怪も話も最高に面白い。
M少佐

M少佐の感想・評価

1.0
 再見、再レビュー。

妖怪を機械化し絶滅に追い込み、尚且つ日本の壊滅を目論む魔人「加藤保憲」
妖怪の見える少年は妖怪のピンチに妖怪連合を束ね、加藤に立ち向かうが。

旧作(1968 )がレンタルになくて、内容を(酷いと)知りつつ再視聴。
一度は酷評したが、改めて酷評。
主役が全く活躍しない。
妖怪も悲しい結末ばかりで活躍しない。
無駄死にのオンパレードでカタルシスは皆無。
唯一見れるのは改造妖怪(機怪)の哀愁漂う不気味な造形。
あ、もう一つは河童女(?)の太股。
画面も暗くて音楽も、ほぼ騒音。
キャラクターの掘り下げも弱く、あらゆる芸能人が特殊メイクで出ているが誰かよく分からない。
ラストのオチも酷すぎて開いた口が塞がらない。

もう少しやりようはなかったのだろうか?
水木先生も出演されているが、余りにも面白くない。

題材は好きなので更なるリメイクを望む…
>|